兵庫県の2020年1月1日時点の推計人口は546万482人となり、約30年前と同水準にまで減少したことが県への取材で分かった。 それではなぜ人口減少が起こっているのだろうか。もちろん日本全体の少子高齢化という波が押し寄せているということは間違いないが、その他の要因で奈良県の特性に関するものとして2つ挙げられる。 八王子市の人口の推移 八王子市の基本構想・基本計画 (計画期間:H25年度~H34年度) では、平成32年に人口のピークを 迎え、それ以降は人口が減少する と推計している。 八王子市の高齢化率23.54% (平成26年4月1日) 年齢3区分別人口推移(平成22年国勢調査) 6 京都府京都市東山区の人口推移は総人口の1980年の62077人をピークとするなど日々変動があり、年少人口の1980年、生産年齢人口の1980年など、年代ごとのピークや増減推移も違っていますので、それら京都府京都市東山区地域の特徴を確認しておきましょう。 農地面積の減少要因 ① 農地⾯積の減少要因として⼤半を占める荒廃農地と⾮農業⽤途等への転⽤⾯積は、平成17年以降、 約2万ha程度で推移ないし減少傾向にあったものの、平成26年から約3万ha程度で推 … 「人口減少」の原因・・・ 日本は2008年をピークに「人口減少」が始まり、2020年代初頭までは年間約60万人、2040年代では年間約100万人の減少となり、その後は 加速度的に進行 するものと推計されて … 奈良県の人口推移 wikipediaより引用. 先日の新聞に、総務省が発表した函館市の人口が掲載されていました。2018年1月1日時点の話ですが、前年比で道内トップの減少幅(3020人減)だったというニュースです。その記事をきっかけに、少し人口増減のデータなどを調べてみました。 京都が空き家対策の最先端地域なのは、行政(京都市役所)が空き家対策に力を入れているからとか、優秀な学者・研究者がいるからと言われます。もちろんそれは事実です。しかし、その根本にあるのは、 京都は空き家問題が多いから に他なりません。 空き家対策とは空き家問題の解消であ 人口減少下でも世帯数は大幅増加!賃貸住宅需要が伸びる理由とは? 土地活用ラボでは、大和ハウス工業が所有する各種データを多面的に分析し、土地活用、賃貸物件経営、不動産投資などを検討している皆様のお役にたてるような情報を提供してまいります。 (1.96)、 舞鶴市(1.87)は 1位、2位である。ただ、合計特殊出生率が高くても、舞鶴市や与謝 野町のように出生数は減少傾向にある市町がある。 こうした市町村のうち、京都府の15~49歳人口の6割を占め都市部としての課題を抱える京都市、 全国1741自治体の中で人口が減少した自治体は、1411自治体(全体の80%超)に上る。3年間で人口減少率が10%を超えたのも、12自治体あった。 全国792市の人口減少率ランキングです。2015年10月1日の国勢調査人口から2020年10月1日の推計人口までの人口減少率です。 人口減少社会へ-減少する京都市の将来人口- 京都市の人口の推移(実績及び推計) (万人) 実績←|→推計 h47年 1294万人 h17年 1475万人 136.5 141.9146.1147.3147.9146.1146.4146.8147.5146.7144.9142.3 150.0 138.61343 175.0 147.5 129.4 128.5 365 134.3 129.4 100.0 125.0 500 75.0 25.0 50.0 1 0.0 s35s40s45s50 s55s60 h2 h7 … 日本が先進国の中で一番最初に直面している大問題、それは人口問題です。2009年から人口減少が始まった日本では、少子高齢化が非常に早いスピードで進みました。人口問題は、経済活動に悪影響を及ぼすだけでなく、介護や年金問題なども顕在化してきました。 京都市人口急増地域における地域構造とその変化 13 るように,調査地区の1995年人口を100とす ると,1995年から2005年にかけて128.1に増 加した。同じ時期に伏見区は99.8へと0.2%の 減少,京都市は100.8とわずかに増加しただけ であり,調査地区の人口増加率は極めて高いこ 神戸市の衰退・人口減少が止まらない神戸市の人口は、2010年の154.4万人をピークに減少に転じた。(国勢調査ベース)2016年に153万人だったが福岡市に抜かれ、2019年5月には152万人まで減少し川崎市にも抜かれた。この結果、神戸市の 人口減少が進むなかで、いまだに政府は住宅ローン減税(年6000億円程度)などで新規住宅の建設を支援しています。目先の景気対策しか考えていない短絡的で愚かな政策です。加えて異次元の金融緩和で超低金利が続き、ローンも組みやすいため新規住宅建設は進む一方です。 京都府の人口は2,555,068人ですが、ランキングとして、トップは京都市で1,412,570人となっており、京都府の人口の55.3%を占めています。 逆に、最下位は笠置町で1,332人となっています。 京都市が、まちづくりの柱として建築物の高さや土地の用途を定めている新景観政策と都市計画の見直しを進めている。 背景にあるのは、京都に住んで働く人が減少することへの危機感だ。識者らの議論では、人口という社会問題と景観問題を …