女別世帯人員および平均年齢(3世代世帯-特掲) 27市区町村別経済構成別一般世帯数(エクセル:18kb) 2015(平成27)å¹´. 平成27å¹´10月1日現在の本県の世帯数は560,424世帯で、前回調査から5年間で40,233 世帯、7.7% 増加した。 1世帯あたりの人員は2.56人で前回調査より0.12人減少し、昭和45年以降減少を続けている。 26市区町村別世帯の種類,世帯人員別世帯数及び世帯人員(エクセル:29kb) 2015(平成27)å¹´. 一般世帯数は135万2,413世帯で、平成22年から3.1%の増加。 1世帯当たり人員は1.96人で、平成22年から更に減少。 単独世帯は65万7,205世帯で、一般世帯に占める … <世帯の状況> 約49%が一人暮らし世帯. 町丁別世帯人員別世帯数(令和2å¹´9月30日現在)(ファイル:48kb) 町丁別世帯人員別世帯数(令和2å¹´3月31日現在)(ファイル:48kb) 町丁別世帯人員別世帯数(令和元年9月30日現在)(ファイ … 世帯の種類別世帯数、世帯人員及び1世帯当たり人員(昭和45年~平成22年) 第12表(エクセル:76kb) 第12~14表(pdf:121kb) … また、一般世帯を見ると、世帯数は49,062,530世帯で、平成12年調査と比べ2,280,147世帯増えましたが、1世帯当たりの人員は2.55人で、単独世帯の増加、核家族化などが要因となり、さらに減少が進行しま … 世帯人員が1人(単身)、2人、3人、4人、5人、6人、7人以上の別に、世帯数を集計したものです。住民基本台帳により、町丁ごとに毎年3月末日と9月末日の年2回集計しています。 月曜日から金曜日の午 … 9.世帯の家族類型別一般世帯数,一般世帯人員及び1世帯当たり人員(昭和45年~平成27年)(Excelファイル)(144KB) 10.世帯の家族類型別一般世帯数及び一般世帯人員(65歳以上の世帯員のいる一般世帯)(平成2年~27年)(Excelファイル)(166KB) 47都道府県を対象とする「一般世帯の1世帯あたり人員」についての都道府県ランキングです。 最上位から、1位は山形県の2.94人、 2位は福井県の2.86人、 3位は佐賀県の2.80人です。 令和2å¹´(*印)の統計データの一部及び時系列データ第9-1表(*印)の一部を修正いたしました。 25å¹´ 16 28å¹´ 19 令和元年 世帯数 平均世帯人員 注:1) 1995(平成7)年の数値は、兵庫県を除いたものである。 2) 2011(平成23)年の数値は、岩手県、宮城県及び福島県を除いたものである。 3) 2012(平成24)年の数値は、福島県を除いたものである。 過去データ -東京の人口 統計表一覧- 以下の表データは、Microsoft Excel 97形式で作成されています。 第1表 人口、人口増減、面積及び人口密度-東京都、区市町村(平成12年・17年) 44KB 第2表 区市町村別人口、人口の割合-東京都、区市町村(大正9年~平成17年) 世帯平均人数は2.39人…平均世帯人数と世帯数の推移をグラフ化してみる(最新)のニュースを紹介。 厚生労働省は2019å¹´7月17日、令和元年(2019å¹´)版の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。 [大田区] 世帯数, 平均世帯人員の推移【1985~2015年】 第1ç«  大田区人口の推移と変化_ 2.世帯数 出所)国勢調査 注釈)各年、大田区における10月1日時点の数値。 一人世帯が増加中。世帯人数と家族構成の変化. 世帯数・世帯人員・世帯の家族類型・世帯主との続き柄. 京都市の統計情報のサイトです。京都市の人口,産業,観光等の主要な統計データを公開しています。 第12表. ©ã‚„かに減少する。前回(2013年)の将 来推計では平均世帯人員は2035年で2.20人だったので、平均世帯人員の減少は前回よりもかなり進ん でいく見通しとなった。 世帯数は、平成12年以降、1万8千世帯前後を推移しており、平均世帯人 員の縮小により、人口減少局面に入っても世帯数が維持されている状況であり、 平成22年で18,112世帯、平均世帯人員2.26人/世帯と … ä¸–帯(注)(平均世帯人員2.41 人、世帯主の平均年齢58.3歳)の消費支出は、 1世帯当たり1か月平均251,481円で、前年に比 べ名目で同水準となりました。また、物価変動の 影響を除いた実質では3.2%の減少となりました。 性が全国平均よりも0.49歳短い80.28歳、女性も全国平均より0.24歳短く、86.77歳となっている。 注)「※」の付いた年次は実績年を示す。 2 東京都の家族類型別世帯 次に、世帯についてみていきましょう。2015年の世帯数は5,333万世帯であり、5年前から149万世帯増加していることが分かりました。 しかし一方で、1世帯あたりの人数は2.33人と、こちらは0.09人減少して 住民基本台帳による東京都の世帯と人口 毎年1月1日現在の区市町村・年齢・町丁別世帯と人口. 区、世帯人員(10区分)別一般世帯数、一般世帯人員及び1世帯当たり人員(間借り・下宿などの単身者及び会社などの独身寮の単身者-特掲)(平成22年、27年) 第35表(エクセル:32kb) 第35~36表(pdf:145kb) 第36表 住民基本台帳で、特別区の「一世帯当たり 平均人員数」の推移と、特別区の「世帯数」の 推移をグラフ化してみると一目瞭然だ。東京都 特別区の平均世帯人員数は1953年の5.00人か ら減少を続け、2016 年には2.47 人と半分を下回 っている。 実際、平均世帯人員も2015年の2.33人から、2040年には2.08人まで低下すると予測されています。 単独世帯の増加が目立つ これを家族類型ごとに見ると、単独世帯とひとり親と子の世帯は2030年頃まで、夫婦のみの世帯は2025年頃まで増加が続きます。 æ•°ã¯2019年にピークを迎え、その後は減少に転じると予想されている。平均世帯人員は、今後も減少を続け、2035年には2.20人にまで減る予測だ。 çœŒã®äººå£ã¨ä¸–帯(令和2å¹´9月1日現在)(PDF:603KB) 市区町村別の詳細統計表をExcel形式で公表しております。ご利用ください。 高齢者世帯(65歳以上の者のみで構成するか、又はこれに18歳未満の未婚の者が加わった世帯)の平均所得(平成27(2015)年の1年間の所得)は308.1万円で、全世帯から高齢者世帯と母子世帯を除いたその他世帯(644.7万円)の5割弱となっている。 ↑ 世帯人員1人あたり平均所得金額と平均可処分所得金額(万円) 先の平均世帯人員あたりの世帯所得中央値と似たような動きをしている。ピークはバブル後の1996年。以後、今世紀初頭にかけて下げた後は横 … 1世帯当たり人員は、平成27年(2015年)の1.99人から平成52年(2040年)には1.85人に減少 (図1) 図1 東京都の一般世帯数及び1世帯当たり人員の推移.