メキシコの2020年に分かる最新の意図的な殺人の発生率は「29.07(人口10万人当たり)」で、世界で5番目に高いです。メキシコの意図的な殺人の発生率推移グラフや他国との比較表など各種データは無料でcsv出力・ダウンロードが可能です。(保存後EXCELでも使用可能) 2018年の世界の殺人発生率 国際比較統計・国別順位です。各国の人口10万人当たり殺人発生件数と国別順位を掲載しています。各国のデータについては国連の犯罪調査統計(Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems -CTS)ベース。時系列データは1990-2018年まで収録。 世界の大陸とは、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、オーストラリア大陸、南極大陸と6つに分かれていますが、今回はユーラシア大陸の中でアジア大陸とヨーロッパ大陸の2つわけて、7大陸としての人口ランキングをご紹介します! 丸紅株式会社は、本メールの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではありません。 2019年の世界の人口 国際比較統計・ランキングです。各国の総人口と国別順位を掲載しています。国連統計ベース。時系列データは1990-2019年まで収録。 1 「世界人口2020・WHO版」によると、世界の総人口は約75億9469万人; 2 なんと! 日本は人口数では、世界10位だった! 2.1 The most populous cities in … 人口増加率の推定値(国連による) 2010年から2015年の間に人口が減少した20か国 国の自然人口増加率順リスト は、世界の 国家 の 人口 増加率 を大きい順に並べたものである。 2019年の世界の移民人口 国際比較統計・ランキングです。各国の移民人口(移民者数)と国別順位を掲載しています。当該国に住む外国生まれの居住者あるいは外国籍の居住者の推計人口。時系列データは1970-2019年まで収録。 人口増加が期待されるアフリカ諸国において、医療分野は今後大きく伸びていく市場である。他方、現時点においては、感染症対策・母子死亡率低下が課題であり、ビジネスよりもwho、odaによる支援と言った側面が強い。 2019年の世界の移民人口 国際比較統計・ランキングです。各国の移民人口(移民者数)と国別順位を掲載しています。当該国に住む外国生まれの居住者あるいは外国籍の居住者の推計人口。時系列データは1970-2019年まで収録。 オセアニアの人口時計: 人 人口(一万) 面積(万km) 区域 排名; ナイジェリア: 19911: 92.38: アフリカ: 1: アフリカの国の人口ランキング . 投資にあたってはお客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。, 本コンテンツではマネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。, マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、取引所株価指数証拠金取引、暗号資産関連店頭デリバティブ取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。, 商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。. ここ10年で人口が10%も増加しています。 以下のチャートは小笠原村の人口推移及び人口増減率1920年~2018年(大正09年~平成30年)です。 T:大正 S:昭和 H:平成 アフリカやアジアなど出生率の高い発展途上国での増加が著しく、100億人突破は2062年と予測されている。 国別では、 インド の人口が2028年に14億5434万人に達し、 中国 を抜いて1位となる。 世界の人口は増加傾向にありますが、その中でもアフリカ大陸の近年の人口増加率は頭一つ抜けており、2050年には倍増して25億人に、2100年には44億人にもなるといわれてい … 2011年以降、経済の低迷や停滞が原因で飢餓人口が増加している国のおよそ半数がアフリカ諸国となっており、2018年時点の世界の飢餓人口8億2000万人のうち、アフリカ諸国だけで2億5610万人を記録 … 人口増減率ランキング表から、2020年現在の千葉県の総人口は、6,222,666人であり、2010年から166,204人増加していることが分かります。 次に、人口増減率が高い地域、低い地域を下記 … 結論から言えば、防ぐ方法は全くないとは言えないと思う。もしそれが防げないとなれば、この問題はこれからの世界の安定的な経済成長にも深刻な影響をもたらすだろうから、我々日本人もこの事を本気で考えるべきだ。, 「文明社会の将来にたれ込める暗雲」と題する前回の記事で、私は主としてテロの問題を論じた。「民族」と「宗教」の対立が、中近東と欧州を舞台にテロの応酬を生み出し、それがどんどんエスカレートしていく事に対する恐怖を訴えたかったからだ。そして、テロに走らざるを得ないところまで人々を追い詰める遠因としては、「貧困」と「格差」がある事も述べた。, 従って、どうすれば世界規模で「貧困」と「格差」を最小限に留めおけるかを考え、その為の行動をとるかは、日本を含む世界中の国々が、今後真剣に取り組むべき問題であると思っている。勿論、それは容易な事ではない。一方で食料とエネルギー資源は有限である事が知られているし、その一方で人口爆発はこのままでは簡単には抑えられそうにないからである。この二つの事が正されない限り、「貧困」と「格差」はいつまでも拡大を続けるだろう。, 有限な食料とエネルギー資源をどのようにして極限にまで効率的に使うかについては、また別の機会に論じるとして、今日は「人口爆発」の問題につてのみ語らせて頂きたい。, そもそも、長い人類の歴史の中で、ごく最近に至るまでは、人口は徐々にしか増加してきてはいなかった。各地域間の物資の移動が限られていた為、それぞれの地域での食料生産能力を超える人口増はあり得なかったからだ。この為、西暦1年の時点で推定1億人だった地球上の総人口は、1000年後でも2億人に増えただけだった。, しかし、18世紀後半に産業革命が始まると、この様相は一変する。欧米各国が植民地獲得競争を加熱させると、世界中のあらゆる地域で、多くの人たちが生存の為にぎりぎり必要な最低限のお金を手に入れる事が出来るようになり、これによって世界人口は爆発的に増加、その数は1900年には16億人、現時点(2015年)では72億人にまで達するに至った。, 近年においては、巨大な人口を抱えていた中国が「一人っ子政策」を遂行して、人口増加率を0.48%に抑えるに至った他、日本、ドイツ、ロシア等25カ国では人口は減少、米、英、仏、ブラジル、メキシコ、韓国など75カ国でも、人口増加率は中国同様の1%未満に抑えられた。, また、インド、インドネシア、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、トルコ、エジプト等67カ国での人口増加率は1%を超えるが、2%未満には抑えられているので、人口増加による貧困の加速を心配するより、経済発展による生活水準の向上を期待する向きの方が多い。, しかしながら、人口増加率が2%を超えるパキスタン、ナイジェリア、エチオピア、コンゴ、ザンビア、スーダン、ソマリア、イラク等の50カ国、更には3%を超えるカタール、アフガニスタン、ウガンダ、シリア等の13カ国になると、人口増加は深刻な心配の種になる。そして、これらの国の殆どは、中近東とアフリカに集中している。, 中でもサハラ以南のアフリカ諸国では、平均出生率(一人の女性が一生に産む子供の数)が現時点で5.2人であり、この為、現時点で10億人(世界の総人口の約14%)と言われているこの地域の人口は、2050年には23億人(世界の総人口の24%)にまで達するだろうと推定されている。24%は「ほぼ4人に1人」だから、これが意味するものはかなり大きい。, 何が心配かといえば、食料不足ではない。アフリカ諸国の色々な人に聞いてみても、意外に食料のことは心配していない。アフリカ大陸、特にサハラ以南には、サバンナの砂漠化が進む一部の地域を除き、農地を開拓できる余地は十分あると考えているようだ。, 彼等が心配するのは、むしろ、独裁者の暴政、不安定で腐敗した政治、及びそれが引き起こす内乱など、人為的な問題だ。急激に増加した人口が農村に留まる確率は低く、人口の都市集中は急速に進むが、そこで若者たちがギャング化したり、そこが内乱の舞台となったりする事を何よりも心配している。, また、仮に或る国が優れた指導者に恵まれ、安定した政治を行っていても、周辺国で暴政が行われれば、多くの難民が国境を越えてその国に流れ込む。追い詰められた人たちは生き残るために何をするかわからず、治安は極度に悪化するだろう。, 中近東や北アフリカの難民は欧州を目指すが、サハラ以南のアフリカでは、欧州にはとても行けないので、周辺のよりよい国を目指すしかない。しかし、これが結果としてアフリカ全土の政治を不安定なものにすれば、欧州も、更には遠い日本までもが、その影響から自由ではいられないだろう。, さて、冒頭でも触れた事だが、アフリカ諸国の現在の極端に高い出生率を、低下させる為の方策はないでもない。, 現在の高出生率の理由は、 1)「子供に教育を受けさせる」という考えは元々無いので、「子供は金のかかる存在ではなく、むしろ親の労働負担を軽減する存在」という意識が強いこと。 2)「乳幼児の死亡率が高いので、子供は大勢産んでおかねばならない」という潜在意識があること。 3)他に楽しみがないこと。 等々であるから、この意識を変えてもらうように誘導する施策をとればよいのだ。, 具体的には、 1)保健・医療の体制を確立し、その事を多くの人たちに熟知せしめる。 2)給食付きの教育施設を整備し、低年齢の子供たちの就労を抑制する。 3)モバイル・インターネットを普及させる。 等々が考えられる。先進諸国はこの為に物心両面での支援を惜しむべきではない。, モバイル・インターネットというと、私の専門分野なので、私がそれで何か利益を得ようとしているのではないかと勘ぐる人もいるかもしれないが、勿論そんな事はない。モバイル・インターネットの普及は、あらゆる発展途上国において、比較的安いコストで大きな効果をもたらす良い施策であると、私は信じて疑っていない。, いつでもどこでも、誰でもが種々のインターネットサービス(eMBMSという技術を使った放送サービスも含む)にアクセスする事が出来るようになれば、低所得層の情報リテラシーを飛躍的に高め、これによって政治参画意識も高める。更には、教育の質を高めて上級校に進める子供たちの数を増やし、多くの人々の保健・衛生意識を高め、医療の質を高めて希望を増大させ、種々のエンターテイメントを用意して日没後の楽しみも増やす事が出来るから、人口抑制の為にも大きく役立つと思っている。, さて、これらの施策の為に資金を拠出した先進諸国が、その見返りとして求めるべきものは何か? それは「汚職と暴政を防ぐ為の政治監視権」ではないかと思う。多くの国では、放置すれば、「暴力が権力の源泉となり、権力は必ず腐敗して人権を抑圧し、更に格差を拡大して、貧困層を最貧の状態に抑え込む」可能性が極めて高いからだ。, しかし、ある程の強制力を伴った「政治を監視する権利」と言えば、短期間で終了する「選挙の監視」等を除けば、例えそれが純粋な善意によるものであっても、「内政干渉」と批判される事を防ぎ得ないだろう。だから、これを「教育と医療の支援」とパッケージにして、一種の「経済的な取引」とした方がよいのではないかというのが私の考えだ。, この惑星は、100億人近くにまで膨れ上がる人口を支えるには、少し手狭になってきている。そうであるならば、隣人に対して無関心である事は、もはや許されないという事だ。また、遠く離れた地域で起こった事であっても、その影響は津波のように広がり、我が身にも及んでくるという事を、あらゆる人が常に十分に認識していなければならない。, 日本を含めた世界中の先進諸国は、今こそ地球上の全ての地域の問題に共同して積極的に関与し、種々の問題の芽を早い時点で摘み取り、バランスのとれた世界を作り上げていく努力をするべきだ。今からすぐに始めれば、手遅れになる事は防げるだろう。, 傍若無人の立憲民主党、相関関係と因果関係を取り違えて官僚を圧迫し、論文著者に諭される. この項においては、国際連合 統計部(UN Statistics Division)人口部門の作成した世界の人口推計 Updated:23-Jul-2019』 に掲載の、234の国及び地域を人口の多い順に並べたもの … 世界の宗教人口ランキングの1位はキリスト教で、アメリカをはじめ世界中に広まっています。2位はイスラム教で中東だけでなくインドにも信者が多いです。3位は仏教でもヒンズー教でもなく、日本や中国で多数派の「無宗教」です。 しかし、アフリカの急速な 人口増加を人的資源と市場の拡大として生かすことができ るかどうか、は人口の質にかかってくるが、アフリカはま だ多くの問題を抱えている。2006年の時点でサブサハ ラ・アフリカでの初等教育の完了率は60%であり、成人 サハラ以南アフリカのほとんどの国と、アジアやラテンアメリカ・カリブ地域の一部の国では、最近になって出生率が低下したことで、生産年齢人口(25~64歳)が他の年齢層よりも早いスピードで増加し … 2000年以降の資源ブームから一転、2014年の資源価格下落を契機に減速したアフリカ経済は、非資源分野が粘り強さを発揮し安定的な成長軌道に乗せた。市場成長性を見据え、主要国企業は引き続きアフリカ投資に積極的だ。一方で、日本企業は市場拡大を見据えた投資事例が増えている。 人口増減率 1位 開成町 1.08% 2017年の神奈川県の人口増加率は0.17%です。 県内市町村で人口増加率が最も高いのは開成町で1.08%、最も低いのは山北町で-2.51%です。 この統計は[神奈川県人口統計調査](3ページ参照) 国連が「世界人口白書2019」を発表している。2019年の世界人口は77億1,500万人となり、2018年に比べて約8,000万人増加していることがわかった。この記事では、1位〜194位の人口ランキングと地域ごとの人口変動の特徴を解説する。 2018年の世界の殺人発生率 国際比較統計・国別順位です。各国の人口10万人当たり殺人発生件数と国別順位を掲載しています。各国のデータについては国連の犯罪調査統計(Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems -CTS)ベース。時系列データは1990-2018年まで収録。 アフリカ大陸の都市の人口ランキングを30位まで集計しました。 アフリカの都市は近い将来、人口ランキングで上位を占めると考えられており、特にラゴスは上海を抜いて世界一人口の多い都市になるとす … サブサハラ・アフリカが成長する源泉の一つは、何と言っても人口の増加である。国連の人口推移予測(中位推計)では2014年のサブサハラ・アフリカの人口は約9.2億人であり、2033年に中国、2035年にインドを上回り、2050年には20億人を超えると予測されている。 http://esa.un.org/unpd/wup/ (注3) 日本には現在、政令指定都市が20都市存在。, ■ 丸紅株式会社からのご留意事項 世界の大陸とは、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、オーストラリア大陸、南極大陸と6つに分かれていますが、今回はユーラシア大陸の中でアジア大陸とヨーロッパ大陸の2つわけて、7大陸としての人口ランキングをご紹介します! データ考察. (注2) "World Urbanization Prospects"は各国の国勢調査を基に作成されている。ただし、都市化、都市人口の定義は各国によって異なっている点には留意が必要。 世界人口の増加予測が39億人ですから、人口増加分の8割超をアフリカが占めることになります。 ちなみに6地域のなかで唯一人口が減少しているのはヨーロッパ。2015年の7.4億人から2050年には7.1億人、2100年には6.5億人へと、着実に人口が減少していきます。 (1)面積:3026万平方キロメートル(世界の22.2%) (2)国数:53カ国(国連加盟国の27.6%) (3)人口:9億2,500万人(世界の14.2%)(2006年) (4)人口増加率:2.1%(2005-2010年) (5)日本の大使館数:24 世界の国別人口割合(2018年,7月… 国と非独立地域の順位一覧. 全国47都道府県の人口増加率ランキングです。2015年10月1日の国勢調査人口から2020年10月1日の推計人口までの人口増加率です。 世界人口の増加予測が39億人ですから、人口増加分の8割超をアフリカが占めることになります。 ちなみに6地域のなかで唯一人口が減少しているのはヨーロッパ。2015年の7.4億人から2050年には7.1億人、2100年には6.5億人へと、着実に人口が減少していきます。 アフリカ大陸の都市の人口ランキングを30位まで集計しました。 アフリカの都市は近い将来、人口ランキングで上位を占めると考えられており、特にラゴスは上海を抜いて世界一人口の多い都市になるとす … 世界的に増加する超富裕層人口。所得格差 の拡大など解決すべき問題も多いなか、富裕層がお金を使うことで経済に好循環をもたらすのもまた事実です。. 中央アフリカ共和国 - 人口増加率(%) 統計情報 :。中央アフリカ共和国”に関連した、様々な情報を表示しています。対象国:。人口増加率(%) : 図表(中央アフリカ共和国) 人口増加率(%) (まとめ)日経平均は米国株高を受けて小幅に反発 日本時間17日午前4時発表のFOMC... 当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。. (出展:Wealth-X) 報告書によると、2017年現在、純資産額が3000万ドル(約34億円)以上の超富裕層人口は、前年比3.5%増の22万6450人となり、合計資産額は1.5%増となる27兆ドル(3040兆円)に達しました。 人口増加率ランキングマップ. 全国1741市区町村の人口増加率ランキングです。2015年10月1日の国勢調査人口から2020年10月1日の推計人口までの人口増加率です(区は特別区のみ対象とします)。 サブサハラ・アフリカが成長する源泉の一つは、何と言っても人口の増加である。国連の人口推移予測(中位推計)では2014年のサブサハラ・アフリカの人口は約9.2億人であり、2033年に中国、2035年にインドを上回り、2050年には20億人を超えると予測されている。【図表1】(注1), この人口増加を見越してアフリカが「拡大する消費財マーケット」として注目を浴びている中、人口増加と同時に「都市化」が進展していく事実にも注目しておく必要があるだろう。 増え続けるアフリカの人口. アフリカの飢餓人口は世界の各地域と比較しても多く、深刻な状況にあります。 2019年、国連世界食糧計画(WFP)の発表によると、世界の飢餓人口は8億2,000万人と推定されており、特にアフリカは飢餓蔓延率が世界で最も高いとされています。 婚姻率:人口1,000人に対する1年間の婚姻数(住民登録による。)。再婚数を含む。 離婚率:人口1,000人に対する1年間の離婚数(裁判記録又は住民登録による。)。 2-18 国籍別正規入国外国人数 〔出典〕 法務省「出入国管理統計」(2014,2015,2016,2017,2018年) 国連が「世界人口白書2019」を発表している。2019年の世界人口は77億1,500万人となり、2018年に比べて約8,000万人増加していることがわかった。この記事では、1位〜194位の人口ランキングと地域ごとの人口変動の特徴を解説する。 国連によると、2020年から2100年までの人口増減率で増加率上位10位はすべてアフリカ諸国となっている。 ・ニジェール:581% ・タンザニア:378% ランキング上位10カ国を見ると、日本を含めアジア地域の国が6カ国もランクインしている。 さらに少し下にはフィリピンが13位に入っている。 世界の総人口は約75億9469万人で、毎年増加傾向。 人口が1億人を超えている国は13位のフィリピンまで13カ国ある。 アフリカの人口増加率は2.55%と世界平均の1.18%の倍以上のスピードで人口が増加しています。 さらに、2050年以降をみると、人口の増加はほぼアフリカに限られる見通しとなっており、長期的な人口増加が期待できるのはアフリカのみとなっています。 ニューヨーク、6月17日 – 本日発表された国連の新たな報告書によると、世界人口は現在の77億人から2050年の97億人へと、今後30年で20億人の増加となる見込みです。. 人口増加率の偏差値にしたがって、国や地域を色分けした世界地図です。対象となる国または地域の平均と比べて、数値が高い地域はより赤く、数値が低い地域はより青く色分 … 人口増加率の推定値(国連による) 2010年から2015年の間に人口が減少した20か国 国の自然人口増加率順リスト は、世界の 国家 の 人口 増加率 を大きい順に並べたものである。 大なアフリカ大陸に位置し、人口12億4,453万人90、 名目gdpは2兆8,630億ドル91に上る広大な経済圏を 形成している。域内の所得水準をみると、国によりそ の水準は異なり、幅広い分布となっている(第1-2-5-1 図)。域内の人口増加率は高く、各国ともおおむね年 自治体別「人口増減率ランキング2019」をお届けする。今回は北海道の占冠(しむかっぷ)村が、昨年に続き2年連続で1位になった。全国TOP50のほか、人口規模別や都道府県別のランキングも併せてお伝 … 国の人口順リストは、国際連合 統計部(UN Statistics Division)人口部門の作成した『世界の人口推計 Updated:23-Jul-2019』のデータ を人口順で並べ替えたものである。. 2014年に国連が発表した"World Urbanization Prospects"によると、サブサハラ・アフリカの都市人口は2010年から2050年にかけて年平均3.4%増加していくと見られており、世界平均の1.4%の増加を大幅に上回り、アジアと並んで世界で最も都市化が加速する地域とされている。(注2), 2010年及び2050年のサブサハラ・アフリカ、その他の国・地域の都市化率は【図表2】の通りとなっている。都市化率は2050年時点で先進国を下回るものの、2010年からの上昇度合いは高く、人口増加と共に急速に都市に人口が集中していくことが見込まれている。, 都市への人口集中に伴い、大規模都市の数も増加傾向にある。【図表3】はサブサハラ・アフリカにおける都市数の推移を規模別に示したものである。サブサハラ・アフリカにおいて、人口1000万人を超える「メガシティ」は、2014年時点でラゴス(ナイジェリア)、キンシャサ(コンゴ共和国)の2都市のみであるが、2030年にはこの2都市に加え、ヨハネスブルグ(南アフリカ共和国)、ルアンダ(アンゴラ)、ダルエスサラーム(タンザニア)が仲間入りするとみられている。, 加えて注目すべきは、中規模都市の増加であろう。2010年から2030年にかけて、50万人以上-100万人未満の都市が43個から99個、100万人以上-500万人未満の都市は35個から67個に増加すると見込まれている。つまり、人口規模で見ると、日本の政令指定都市レベル(人口50万以上)の都市が約90個も新たに誕生する事になる。(注3), 都市化が進展する背景には、生産の効率化を目指して産業が集積することが挙げられる。産業が集まると、雇用が生まれ、それに伴い人口が集中し、付随して生活インフラ、サービス産業が発展していく。すなわち、産業の集積により教育、医療、その他の社会サービスへのアクセスが可能になるため、豊かな生活環境を目指して更に人口集中が加速するという循環が生じる。アフリカ大陸は、中国、アメリカ合衆国、インドが全て収まる以上の面積を持っており、この広大なエリアにおいて、インフラ、教育、医療をあまねく整備する事は非常に難しいため、豊かな環境へのアクセスを求めて、他の国・地域以上に都市化が進行していく可能性がある。, 同時に都市化は様々な歪みももたらす。過度に人口が集中する事で、住宅、学校、病院、上下水道など都市インフラの不足が生じる。電力不足は都市化の進展を待つまでも無くサブサハラ諸国で既に最大の課題の一つとなっているが、そもそも電力が不足している状況下で電力へのアクセスを求めて都市に人口が流入した場合、更に状況が悪化するのは想像に難くない。交通についても、交通インフラ(含む信号)が不十分な中で所得の上昇に伴って自動車保有台数が増えており、都市部における渋滞のひどさはアフリカ大都市(ラゴス、ルアンダ、ナイロビ等)の名物ともなっている。, このような都市化に伴う課題は、当然、ビジネスのチャンスでもある。サブサハラ・アフリカ各国の政府は、電力、交通インフラ、病院、水処理などの分野への投資を積極的に誘致しており、諸外国企業が案件を精査している状況である。さらに、無計画な人口集中に伴う持続不可能な生産・消費によって引き起こされた環境問題も、取り組みが必要な課題として注目を浴びつつある。高い成長が続くサブサハラ・アフリカは、「拡大する消費財マーケット」としてだけでなく、人口増加と都市化が進む中で「拡大に伴い課題を抱える大都市」といった切り口で捉えていくことも必要な段階に差し掛かっていると言えるだろう。, (注1) 国連の人口統計ではアルジェリア、エジプト、リビア、モロッコ、スーダン、チュニジア、西サハラを除くアフリカ大陸の諸国をサブサハラ・アフリカと定義。 本コラムは情報提供のみを目的としており、有価証券の売買、デリバティブ取引、為替取引の勧誘を目的としたものではありません。 増加率は地域によって異なり、さらに多くの国で人口が減少. オセアニアの人口時計: 人 人口(一万) 面積(万km) 区域 排名; ナイジェリア: 19911: 92.38: アフリカ: 1: アフリカの人口爆発は防げるか? / 結論から言えば、防ぐ方法は全くないとは言えないと思う。もしそれが防げないとなれば、この問題はこれからの世界の安定的な経済成長にも深刻な影響をもたらすだろうから、我々日本人もこの事を本気で考えるべきだ。 アフリカ全体としては、豊富な天然資源を有し、人口10億を抱え、インドと同程度の規模を持つ将来性ある地域である。今後、アジアなどの他の途上国の人口増加が鈍化していく中、アフリカ地域は着実に人口増加が続き、2050年には20億人を突破するとの予測もある(第Ⅱ-4-1-2図)。また、過去5年の経済成長率は約5%で推移(第Ⅱ-4-1-3図)しており、今後、巨大なアフリカ経済圏の形成が期待できる。天然資源については、プラチナ、クロム、銅などの鉱物資源の他(第Ⅱ-4-1-4表)、原油、天然ガスも埋 … アフリカの国の人口ランキング . アフリカの人口爆発は防げるか? / 結論から言えば、防ぐ方法は全くないとは言えないと思う。もしそれが防げないとなれば、この問題はこれからの世界の安定的な経済成長にも深刻な影響をもたらすだろうから、我々日本人もこの事を本気で考えるべきだ。 現在、アフリカの人口は約9億人(世界の14%)であるが、人口増加率は世界一で、2025年には世界の17%、2050年には20%を占めると推定されており、潜在的な巨大市場であると言える。 (3)アフリカへの投資 2004年現在、在アフリカの日本企業は299件。