そのほか、パキスタン内の独立運動であったバングラデシュ(東パキスタン)をめぐって1971年にも武力衝突をしています。 まとめ. ジンナー インドのイスラーム教徒による独立運動の指導者。インドと分離独立した後のパキスタン独立で初代総督となる。 イスラーム教徒のインド独立運動の指導者で、始め国民会議派に属したが、1913年から全インド=ムスリム連盟に加わり、16年からはその議長となった。 スコットランドの歴史を簡単にわかりやすく解説してみたよ!まとめ. インド、その他地域の民族運動で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 インドの民族運動 ・第一次世界大戦期の1917年、イギリスはインド相モンターギュを通じて、戦後のインド自治を 1915年インドに帰国したガンジーは、南アフリカでの功績を知っていた人たちに歓迎されました。 そして 「インド独立運動」 に加わり、不服従運動で世界に知られるようになります。 シンガポール は独立戦争をせずにイギリスが独立を容認し、 1. この運動はインド全土に広がり、ついに、1947年8月15日にジャワハルラール・ネルーが独立を宣言、インド連邦が成立します。しかし、独立は、イスラム教国家のパキスタンとの分離独立となりました。 独立後もガンディーは活動を続けます。 マウントバッテンが分離独立を示してから実施に移すまででも2か月強、インド独立法の施行からならばわずか1か月弱しかなかったことも問題だったが、それ以上に大問題となったのは、イスラム教徒が多数を占める地域がイギリス領インド帝国の東西に分かれて位置していることであった。 このため、西 … ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. 野党は今こそ「もう一つの自民党」でなく「別の世界」を示せ/中島岳志×若松英輔×保坂展人. 塩の行進は、英国のインドに対する塩の専売制度への抗議として行われました。当時イギリスは、インドを植民地にしてインドの産業の要を牛耳っていました。そんな中、何とかインドはイギリスから独立を図りたいと思っていました。 ウイグル弾圧問題をわかりやすく! チベットの場所は、中華人民共和国の西側(地図の黄色マークの場所)にあります。北側には同じく民族弾圧が国際的に注目されている、ウイグル自治区があります。西側はインドと国境を接しています。 こんにちは!ヒカリです。 前回にも話題になっていたので取り上げた日韓関係ですが、まだまだ長引きそうですね。 なのでこれまでの日韓関係の歴史や新たな情報についても調べてみたので今回はそれらの情報をわかりやすく解説していこう ガンジー が運動を続けるなか、世界は第二次世界大戦へと突入します。 東アジアを植民地支配していたヨーロッパの国々が日本軍によって次々と退却させられると、インドもイギリスに対して 反対運動 を起こします。 イギリス は結果的に戦勝国となったものの、戦争によって国力は衰退。 独立運動家を家系に持つアウンサンスーチーの生い立ち アウンサンスーチーの父であるアウンサンは「ビルマ建国の父」とも呼ばれた人です。長く植民地化されていたビルマ(現在のミャンマー)の独立運動を主導した人物としても知られています。 スコットランドの歴史を簡単にわかりやすく解説してみたよ!まとめ 2013年ごろから、スコットランドは再び独立を目指しはじめました。 2020年2月にイギリスがEUを離脱したことで、その機運が高まっています。 独立運動を煽るための作為的なものかもしれませんし、実は本当にそのような暴言を吐かれていたのかもしれません。 法改正とは違いこちらの暴動の原因は主に民族問題が根底にあります。 独立の方式については,ガンジーらは統一インドを主張したが,ムハンマド・アリー・ ジンナー らを中心とするインド・ムスリム連盟は パキスタン の独立を主張,1947年7月 インド独立法 によってイギリス領 インド帝国 は消滅し,同年8月ヒンドゥー教徒を主体とするインド連邦 (のちのインド共和国) と,イスラム教徒を主体とするパキスタンの二つの独立国が誕生した。 Try IT(トライイット)のインドを裏切ったイギリスに反発!の映像授業ページです。Try IT(トライイット)は、実力派講師陣による永久0円の映像授業サービスです。更に、スマホを振る(トライイットする)ことにより「わからない」をなくすことが出来ます。 16世紀以降、ヨーロッパ諸国は奴隷貿易を通じてアフリカと深くかかわりを持ちました。19世紀から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパ列強はアフリカを植民地化します。第二次世界大戦後、アフリカの大半を植民地としていたイギリスやフランスの力が衰え、各地で独立運動が活発化しました。 パキスタンの歴史をわかりやすく解説!イギリスからの独立とインドとの戦争 「イギリス領インド」として、パキスタンはもともとインドとともにイギリスの統治下に置かれていました。しかし独立運動が巻き起こるなかで、イスラム教徒とヒンドゥー教徒との間に対立が生じます。 5分でわかるインドの歴史!植民地時代から独立、近代までの流れを簡単に解説 近い将来、中国を抜いて世界一の人口大国になると目されているインド。一体どんな歴史を歩んできたのか、古代から植民地時代を経て、独立、近代化を果たすまでの流れをわかりやすく解説していきます。 茶会なんて何だか楽しそうな名前なのに事件なの?と思っていましたが、 「ボストン港をティーポットに!」 この言葉がティー・パーティーという名前の元になっているのですね。 ちょっと皮肉っぽくて、良いネーミングだなと思いました。 では、具体的に事件の背景に迫っていきましょう! ガンジーと言えばそんなイメージを浮かべる人がほとんどかと思いますが、実際はインド独立のために熱い闘志を燃やし続けていた男でした。, しかしその方法は非暴力・不服従という今までとは180度違ったもので、そのガンジーの平和的なやり方は以降、多くの活動家の参考となりました。, ガンジーは1869年、大臣の息子というエリート家庭に生まれました。日本が明治政府になって間もない頃のことです。, 彼の小学校時代の成績は決して優秀ではありませんでした。次第に不良少年たちと付き合うようになり、ヒンドゥー教で禁止されている肉を食べたりしていたそうです。, またタバコも吸い始め、そのタバコを買うために召使いから金を盗んだこともあるのだとか!あまり素行は良くなかったようですね。, 「早すぎる!」とビックリされた方も多いかもしれませんが、これは幼児婚という当時の慣習によるものでした。, ガンジー自身は離婚することはありませんでしたが、この幼児婚に対しては悪しき伝統であると、否定的な意見を表明していました。, 19歳のとき、ガンジーは弁護士になるためにイギリスへと留学します。卒業後はインドへ戻り見事、弁護士として活動しますが、どうもうまくいきません。, また自身が差別を受けたこともあり、エリートの世界で育ったガンジーは差別の現実を肌で感じたのでした。, 当初インドの宗主国であったイギリスを支持していましたが、1919年にローラット法が可決されガンジーは失望。それに反対する有名な非暴力・不服従運動を開始します。, このローラット法とはいわゆる治外法権のようなもので、逮捕状がなくとも逮捕ができ、裁判をせずとも投獄が可能であるという強権的なものでした。, そして実行した非暴力・不服従という方法は決して無抵抗などではなく、抵抗する手段として暴力を用いず、服従をしないという方法でした。, とはいうものの、たびたびコントロールできない範囲で暴行事件や銃撃事件が発生。1922年にある事件が起きてしまいます。, 一回目の運動を行っていた頃、同時にガンジーはインドの独立のためには経済的にも独立をしなくてはならないと考えました。, ガンジーは自ら持っていた西洋式の衣類を捨て、もはや使われなくなっていた伝統的な糸紡ぎ道具であるチャルカで衣類を作るようになります。, インド国旗の真ん中にも描かれているチャルカを使ったこの象徴的な行動は、ガンジーの大きな功績の一つとされています。, 「インドの糸車を廻すガンディー」という有名な写真は、現在も教科書などでよく使われているのですよ。, 何かの問題を解決しようとするとき、自らがお手本となり率先して行動に移す姿勢は、現代でも見習わなければいけませんね。, しばしの運動中止を経て、塩税がインドの生活に悪影響を及ぼしていると考えたガンジー。1930年には塩税に対する反対運動を始めます。, その活動の中でも特に注目されたのが、海に達するまでの350キロを自らの足で歩き、海に到着すると法を破って塩を作るというパフォーマンス。, マスメディアが発達しつつあった時代も相まって、世界中から大きな反響を得ることとなりました。, 東アジアを植民地支配していたヨーロッパの国々が日本軍によって次々と退却させられると、インドもイギリスに対して反対運動を起こします。, イギリスは結果的に戦勝国となったものの、戦争によって国力は衰退。遠く離れている上に長年独立運動が起こっているインドの運営を、維持することは難しくなっていました。, もともとインドにはヒンドゥー教とイスラム教が多く存在していましたが、ガンジーが理想としていたのは二つの宗教の共存によるインドでした。, しかしこの二つの宗教は、インド(ヒンドゥー教)とパキスタン(イスラム教)という別々の国として独立することになってしまったのです。, そんなガンジーの危惧は、現在のカシミール紛争やインドとパキスタンの度重なる衝突などによって、いまも根強く残ってしまっているように思います。, ヒンドゥー教とイスラム教の共存を目指すガンジーの姿勢は、熱心な信者からは敵だと思われていたようです。, ガンジーの思想はその後、キング牧師やダライ・ラマ14世などによって引き継がれていきます。, それは非暴力的手段という平和的な方法を真剣に貫いたこと、そして決して順風満帆ではない人生とその人柄も大きく影響しているように思います。, 「ガンジー」をみるならアマゾンプライムビデオ!歴史ものの映画やドラマが多数視聴できるアマゾンプライムは、歴史好きにはお勧めです。他の動画視聴サイトでは提供していないレアな作品も豊富ですよ。>>映画「ガンジー」視聴, アマゾンプライム30日間の無料登録期間に歴史ドラマ他たくさんの映画を視聴できます。この機会に歴史ドラマをいっきにご視聴しましょう!, 度違ったもので、そのガンジーの平和的なやり方は以降、多くの活動家の参考となりました。, https://history-go.com/wp-content/uploads/2020/08/IHOUJIN-2.png. イギリス東インド会社とは、17世紀初頭に設立された、インドを拠点とした貿易会社です。この記事ではイギリス東インド会社設立の時代的背景・特徴だけでなく、発足から解体までの歴史までわかりやすく解説しています。 ベトナム は独立戦争を経て独立することになった。 戦後20年の間に『第三世界』でこれだけの独立があったのは、やはり『第二次世界大戦』という世界的脅威の影響だろう。あれを機に世界が自分たちの立 … 1947年の独立後に 印パ戦争は3回おこりました。 ガンディーの理想としたヒンドゥー教徒とイスラーム教徒の協力による全インド一体となった独立はできず、ヒンドゥー教徒は インド連邦 、イスラーム教徒は パキスタン として分離独立、両宗派の混在していた地域からそれぞれの国家に大移動が行われ、その間衝突事件があいつぐなど悲劇的な状況と … でも 独立運動のなかで ヒンドゥー教徒と イスラム教徒が対立して 分かれて独立することに! ヒンドゥー教徒が多いところが インドに イスラム教徒が多いところが パキスタンになりました。 印パ戦争は3回 1947年の独立後に だが、1947年にようやくインドは独立に成功。イギリスがついにこの地を支配することができなくなり、インドへ権力委譲を約束したのだ。この時、世界は『独立ブーム』とも言える波が来ていた。 1. イスラム教徒が多いところが パキスタンになりました。 印パ戦争は3回. インドネシア 2. インド帰国後、ガンディーは南アフリカでの実績が評価され、国民会議派穏健派の指導者ゴーカレーに請われ、国民会議派に加入した。 アーメダバードにサーバルマティー・アシュラムを作り、そこを拠点として各地を周り、労働者の争議や農民の反税闘争を指導するなどして民衆の心をつかんだ。 茶会なんて何だか楽しそうな名前なのに事件なの?と思っていましたが、 「ボストン港をティーポットに!」 この言葉がティー・パーティーという名前の元になっているのですね。 ちょっと皮肉っぽくて、良いネーミングだなと思いました。 では、具体的に事件の背景に迫っていきましょう! アメリカの歴史において一番死傷者が多かった戦争をご存知でしょうか? 第一次・第二次世界大戦やアメリカ独立戦争などが主な戦争ですが、実は一番多かったのが南北戦争でした。 南北戦争では両軍あわ … インド・パキスタン分離独立 赤矢印はヒンドゥー教徒・シク教徒難民の動き、緑矢印はイスラム教徒難民の動き。 灰色は当時帰属が未定だった ジャンムー・カシミール藩王国 および ハイデラバード藩王国 塩の行進は全インド中に同様の非暴力不服従運動を及ぼした。塩の専売制度を巡る非暴力の「戦い」は4月13日まで続いた。同時に英国製の服や商品の不買運動がおきた。インドの海岸のいたるところで塩が「非合法的に」販売された。 インド・パキスタン分離独立はイギリスが彼らにとって都合よく統治をすすめようとした政策の末路です。 世界史 インドとパキスタンはどうして仲が悪いの?インド・パキスタン分離独立を時系列的にわかりやすく解説! 世界には隣国同士で仲の悪い国がたくさんあります。その経緯は様々ですが植民地支配による悲劇によって対立が生まれたのがインドとパキスタンでした。 (綿花:wikiより) イギリスがプラッシーの戦いでフランスに勝利したころ、イギリスは産業革命が始まったころでした。イギリスはインドから高品質の綿布を輸入し諸外国に販売することで利益を上げます。この時代については「【世界史B】受験に役立つヨーロッパ史(イギリスの自由主義改革)【近現代編その2】」の記事が詳しく書かれていますので読んでください。 綿工業を中心に産業革命が進むと、インドから綿布ではな … ビルマ 2. まず簡単にチベットの歴史をたどると、 ・19世紀にイギリスがインドを侵略。 ↓ ・アヘン戦争の結果、イギリスが清を侵略。 ↓ ・チベットはロシアと組む。 ↓ ・イギリスがチベットを侵略。 ↓ ・ロシアは抗議。 ↓ ・イギリスが日本に武器を供給 ↓ ・日露戦争 ↓ ・そのためロシアは手を出せない ↓ ・イギリ … モンゴルの胡弓の一種でモリン・トロガイ・ホーレあるいはモリン・フールと呼ばれるものの中国名。高さ 25~30cm,幅 17~27cmの斧形の胴の両面に羊皮を張る。棹の長さ約 1m。棹の頭部に馬首の装飾... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 非常事態宣言、テロ、政治の混乱…パキスタンはいま大きな岐路に立っています。そもそもパキスタンという国はどういう国なのでしょう。なぜクーデターが多いのか、イスラム教徒の関係…わかりやすく説明 … マレーシア 3. 2013年ごろから、スコットランドは再び独立を目指しはじめました。 2020年2月にイギリスがeuを離脱したことで、その機運が高まって … 第一次世界大戦についてわかりやすくまとめていきます。 ... 1940年代前半のインド 第二次世界大戦とインド独立運動 - 10年 . 日露戦争 1904〜1905年 日清戦争に勝利した日本は、清国に、数百年ものあいだ属国として扱ってきた朝鮮から手を引かせ、朝鮮を独立国とすることに成功しました。 また、この日本の勝利は、それまで清国こそがアジアで最も力のある国であると認識していた欧米列強に衝撃を与えました。 インティファーダとは何をさすのでしょうか?イスラム圏での抵抗運動を指す言葉として度々使われる、「インティファーダ」について詳しく解説していきます。インティファーダという言葉を知っていますか?この言葉は国際関係や世界史を勉強する上で遭遇する言 「ナショナリズム」 の意味を辞書で引くと、 次のように書かれています。 「ナショナリズム」は いろんな訳され方があるため、 定義が非常に難しいです。 一般的には、 「ナショナリズム」=「国家主義・民族主義・国民主義」 などと訳されています。 まず、「ナショナリズム」 の語源から解説していきます。 「ナショナリズム」は英語で 「nationalism」と言い、 「nation」+「ism」からきています。 「nation」には「国家・ … 『わかる!国際情勢』は、海外事情や国際事情、外交課題などをわかりやすく解説するコーナーです。 対立を決定付けた1956年のシンハラ人優遇政策 100年以上に及ぶ英国支配の後、スリランカは1948年に英連邦自治領「セイロン」として独立。 マハトマ・ガンジーはインド独立運動の父として知られる人物です。非暴力・不服従の思想を基にした運動を展開してインドを独立へと導きました。インドが植民地としてイギリス帝国の支配下にあった時、一人の男性が独立のための運動を起こしました。 マハトマ・ガンジー(1869-1948)はインドの有名な思想家、社会運動家、政治家で「インド独立の父」と呼ばれています。マハトマ・ガンジーのマハトマとは「偉大なる魂」という尊称で、ガンジーはインドではよくある一般名です。 インド大反乱とは、1857年に起きたインド人による反英運動です。当時インドはイギリスに支配されており、インド人はさまざまな不利益を被っていました。インド人が抱いていた不満は、東インド会社の傭兵が起こした反乱により爆発したのです。 また、インド独立運動の闘士たち、特に スバス・チャンドラ・ボース は武力による独立を目指し、 日本の支援でインド国民軍を組 織 しました。そのためインド人の日本人に対する印象はいいとされていま … インドネシアの大きな転機は1602年にオランダがジャワに「東インド会社」を設立したことから始まります。 オランダは、この東インド会社を通じて香料、コーヒー、ゴムなどの輸出を独占し、大規模な植民地運営で莫大な富を築きました。 分かれて独立することに! ヒンドゥー教徒が多いところが インドに. そんな中、何とかインドはイギリスから独立を図りたいと思っていました。 その立役者がガンジーです。 ガンジーが凄いなと思うのは、いつもわかりやすい方法・行動で国民を動かすことです。 まず「塩」。 まずはそもそものお話。 「カシミール紛争」とは何なのでしょうか? カシミール紛争とは、パキスタン北部とインド北西部にまたがるカシミール地方の領有権をめぐって、インド、パキスタン、および中国の3カ国が領有権を主張している地域紛争のことです。 そのなかでも、インドとパキスタン間でのカシミール地方を巡る争いは激しく、現在でも軍事的緊張が続いています。 過去、1947年、1965年、1971年に三度の戦争、いわ … No reproduction or republication without written permission. 2019年12月、インドのモディ政権が周辺国からの不法移民に対し、イスラム教徒を除き国籍を与えると決定しました。これに対し、イスラム教徒を中心に反発が強まります。ヒンドゥー教が多数を占めるインドとイスラム教が多数を占めるパキスタンはこれまで幾度も戦争を行ってきました。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報, …西はトバカカール山脈,北はカラコルム,ヒマラヤ両山脈,東はアラカン山脈によって画され,南はインド洋に大きく逆三角形状に突出する一大半島部は,アジア大陸の一部ではあるが,亜大陸とよぶにふさわしい規模と相対的独立性とをもち,インド亜大陸とよばれる。そこは南アジアともよばれ,インド(バーラト),パキスタン・イスラム共和国,バングラデシュ人民共和国,ネパール王国,ブータン,スリランカ民主社会主義共和国およびインド洋上のモルジブ共和国の7ヵ国からなる(現代の各国についてはそれぞれの項を参照)。…. また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 2019年12月、インドのモディ政権が周辺国からの不法移民に対し、イスラム教徒を除き国籍を与えると決定しました。これに対し、イスラム教徒を中心に反発が強まります。ヒンドゥー教が多数を占めるインドとイスラム教が多数を占めるパキスタンはこれまで幾度も戦争を行ってきました。 16世紀以降、ヨーロッパ諸国は奴隷貿易を通じてアフリカと深くかかわりを持ちました。19世紀から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパ列強はアフリカを植民地化します。第二次世界大戦後、アフリカの大半を植民地としていたイギリスやフランスの力が衰え、各地で独立運動が活発化しました。 マウントバッテンが分離独立を示してから実施に移すまででも2か月強、インド独立法の施行からならばわずか1か月弱しかなかったことも問題だったが、それ以上に大問題となったのは、イスラム教徒が多数を占める地域がイギリス領インド帝国の東西に分かれて位置していることであった。 このため、西 … 南アフリカでの体験より、国民議会派を中心とした 「インド独立運動」 に積極的に関わったのです。 1919年にイギリスはローラット法(インド政府が可決した治安維持法)を定め、独立運動派を制圧しようと試みました。 中国の次に人口が多いインド。豊富な労働力で経済発展が期待されています。 しかし、第二次世界大戦以前はインドはイギリスの植民地だったのです。 今回はそんなインドがイギリスの支配下に置かれてし … インド亜大陸にイスラームが伝わったのは、8世紀頃からだと言われています。 元々この地域には様々な民族・宗教が混在していたため、比較的すんなりと受け入れられたようです。 13世紀になると、デリーを中心にイスラーム王朝がインドを支配するようになり、 「支配層はムスリム、民衆の多くは … インド大反乱 (インドだいはんらん、Indian Rebellion)は、 1857年 から 1858年 の間に インド で起きた イギリス の植民地支配に対する民族的 抵抗運動 、 反乱 のことである。 【いまさら聞けない!】スコットランド独立運動とは?グレートブリテンの歴史的問題もわかりやすく解説! 記事作成: 和田 有紀子 記事編集: 和田有紀子 | Global |2014.09.29 独立運動のなかで ヒンドゥー教徒と イスラム教徒が対立して. この運動はインド全土に広がり、ついに、1947年8月15日にジャワハルラール・ネルーが独立を宣言、インド連邦が成立します。しかし、独立は、イスラム教国家のパキスタンとの分離独立となりました。 独立後もガンディーは活動を続けます