「バットマン」シリーズで、ジョーカーと並ぶ悪役と称されている悪役ペンギンはどんなキャラクターなのかをまとめていきます。ペンギンは1941年に「バットマン」の原作漫画に登場して以来、永続的な敵キャラクターとなりバットマンを苦しめています。 ペンギンは策略家として知られており、バットマンの宿敵の1 ... カーマイン・ファルコンは、ゴッサムの裏社会を牛耳るマフィアのボスとして登場するバットマンの敵。英語表記で … リリアソー. 「バットマン」シリーズで、ジョーカーと並ぶ悪役と称されている悪役ペンギンはどんなキャラクターなのかをまとめていきます。ペンギンは1941年に「バットマン」の原作漫画に登場して以来、永続的な敵キャラクターとなりバットマンを苦しめています。 ペンギングッズw バットマンの敵の『ペンギン』とは関係あるのか気になります もしかしたら、同メーカーからバットマンよりも強そうなペンギンも出てるかも知れませんね 今回はDCコミック「バットマン」に登場する最強の敵、ヴィランズ7人を関連コミックと共に紹介します! 強いキャラから見た目がかっこいいキャラまで揃えてみました。 ヴィランたちの関係にも注目です… バットマンの前に、謎の怪人ペンギン、覆面の美女キャットウーマンという新たな敵が出現する 新『バットマン』ペンギン役にコリン・ファレル、アルフレッド役にアンディ・サーキスか マット・リーヴス監督作、ロバート・パティンソン. 『バットマン』の続編『バットマン リターンズ』でバットマンの前に現れたのはペンギン男とキャットウーマンでした。どちらも心に傷をおった悲しい人物で、彼らは温もりを求めていただけでした。ペンギン男を操った本当の敵は別にいたのです。 ペンギン(Penguin)、本名オズワルド・チェスターフィールド・コブルポット(Oswald Chesterfield Cobblepot)は、DCコミックスの出版するアメリカンコミック『バットマン』に登場する架空のスーパーヴィラン。 ライターのビル・フィンガーとアーティストのボブ・ケインによって創造され … この話はバットマンシリーズの中でも特に好きキャットウーマンもセクシーで可愛い バットマンよりも断然キャットウーマン派 そして敵のペンギンもなんだかんだ可愛そうなんだよね ぜひ見て #movienohara #バットマンリターンズ #badmen #returns バットマンの前に、謎の怪人ペンギン、覆面の美女キャットウーマンという新たな敵が出現する。 1989年の第1作に続き、T・バートンが監督を務めたシリーズ第2弾。 バットマンに登場するヴィランについて、あまり知らないという人も多いのではないでしょうか?今回はそんなバットマンのヴィラン達について、どんなヴィランがいるのか、悪役でありながら抱えている悲しい過去なども一覧にしてまとめてご紹介します。ジョーカーなどの有名な人気ヴィランだけでなく、ペンギンといった可愛い名前のヴィランやちょっとマイナーなヴィランなどもまとめています。, バットマンという作品が好きだという人は多い筈ですが、そんなバットマンに登場するヴィランの魅力に惹かれているという人もいるのではないでしょうか?今回はバットマンという作品に登場するキャットウーマンやペンギンといった数々のヴィラン達をまとめてご紹介します。悪役はジョーカーくらいしか知らなかったというライトなファンでも、まとめの中からきっとお気に入りのヴィランを見つける事ができる筈です。, バットマンはアメリカで出版されているコミック作品で、「バットマン」というスーパーヒーローを主人公とした物語となっています。見た目は派手ではないものの、真っ黒なスーツを身に着けたダークヒーローのバットマンは、犯罪の多い街であるゴッサムシティの秩序を乱す輩を成敗していくダークヒーローなのです。, バットマンが活躍するゴッサムシティは架空の街で、主人公のバットマンはマフィアによって両親を殺害されてしまったという過去を持っています。そんなバットマンの正体は億万長者であるブルース・ウェインで、ブルースはヴィラン達と戦う事ができるよう自らの肉体を鍛え、様々な武器を作り出してバットマンとしての活躍を始めたのでした。アメコミの中でも屈指の傑作であると言われている作品です。, バットマンはその人気の高さから幾つもの実写映画化もされており、1940年代に連続活劇として公開されたのが始まりです。そこから1966年には初の長編映画が製作され、2019年現在まで高い人気を誇りながら様々なシリーズが実写映画化されています。, ヴィランとはいわゆる「悪役」の事を表す言葉です。どの様なヒーロー作品においても、悪役となる存在がいなければヒーローの存在も成り立ちません。現実世界にはあまり存在して欲しくない悪役ですが、バットマンの存在や強さを引き立たせる為にも、魅力ある悪役は欠かせない存在となっています。この記事ではそんな悪役達に焦点を当てて、バットマンに登場する悪役達を一覧にしてまとめてご紹介します。, 続いてはいよいよバットマンに登場する悪役であるヴィランを、一覧にしてまとめてご紹介します。これまであまり悪役に対しては注目してこなかったという人も、この機会にまとめられた悪役を見れば気に入るヴィランを見つける事ができるかもしれません。デッドショットやペンギンなど、名前も気になるヴィランを一気にまとめてご紹介します。, 本名を「ハービー・デント」というトゥーフェイスは、かつてはバットマンや刑事と共に同盟を組んでゴッサムシティの平和を守る側の人物でもありました。しかしギャングのボスからの報復により、ハービーは顔の半分を硫酸を使い焼かれてしまったのです。元々虐待からの統合失調症を患っていたハービーは、それをきっかけに解離性同一性障害となってしまい、人を裁こうとする悪役へと変貌を遂げてしまいました。, 様々な悪役の中でも、最も悪趣味であるとされているのがこのリドラーです。エドワード・ニグマという本名を持つリドラーは、謎というものに憑りつかれてしまった人物です。かつては学校で開催された謎解きコンテストを前に、学校に忍び込み見つけた課題を解き続けていた事もありました。謎を解く為の不正を悪い事と思わず、スリルと芸術的な犯罪を追い求めるリドラーは、自ら警察にヒントを送る事もあるヴィランです。, バットマンといえば欠かせない悪役と言えるのがこのキャットウーマンで、実は1人だけの存在ではないという、とても複雑なキャラクターでもあるのです。セリーナ・カイルのキャットウーマンは女怪盗でありながらバットマンの恋人でもあり、特に力の無い女性に対して助力をしたくなるという性質を持っています。幼い頃に父親からの虐待を受けた経験もあり、ヴィランではあるものの犯罪者に対し立ち向かう存在です。, あの俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーも演じたというミスターフリーズは、結婚をし妻を持ちます。しかし妻が不治の病を患ってしまった為に、その病の進行を止める事を目的として冷凍保存をしたのです。しかし結局は妻を失う事となり、ミスターフリーズもまた非常に低温な環境の中でしか生きる事ができないという、少し悲しいヴィランでもあります。, 元々はゴッサム大学で心理学の教授を務めていた彼は、恐怖症という研究を行っていました。しかし人体実験により解雇されてしまい、その事実に逆恨みをして悪役へと変貌を遂げてしまいました。ガスを使い人々に恐怖症を発症させるヴィランで、近接戦闘をする事もありますが肉弾戦はそれほど強い敵ではありません。, ラーズアルグールは環境テロリスト集団である「デーモン」と、実行部隊である「リーグ・オブ・アサシン」のリーダーを務めているヴィランです。不死身の魔人であり地球環境を調和させる事を目的としている人物ですが、剣の達人でもあり様々な分野への造詣も深いキャラクターです。目的達成の為には人類が邪魔であると考えており、まとめて一掃する為に大量殺戮計画を立てている怖ろしい悪役です。, ペンギンと言うと動物のペンギンの可愛らしい外見を想像しがちですが、バットマンのペンギンは体格の良い男性です。ふくよかなお腹や白黒の服装からペンギンという名前が付けられた様です。ちなみにペンギンのモデルとなったのは、動物の皇帝ペンギンなのだそうです。ペンギンは犯罪者でありながら紳士的なキャラクターでもあります。更に数いる悪役の中でも、唯一正気の悪役と言われているのがペンギンです。, ペンギンはバットマンに登場するヴィランの中でも長く登場するキャラクターの一人であり、ペンギンは偉大なヴィランであるとの賞賛も受けています。ペンギンは忠誠心のある部下達を従えており、彼らがペンギンを裏切る事はありません。ロケット弾を使い武装させたペンギンを使ってバットマンに挑んだ事もありました。タフなキャラクターでもあるペンギンは犯罪組織の世界でも追随を許さない存在です。, 悪役の中でも数少ない女性のヴィランであるポイズンアイビーは、元は内気で植物を愛する大人しい学生でした。しかし大学でウッドルー博士の実験台にされてしまった彼女は心が捻じ曲がり、子どもを産む事のできない体になってしまったのです。そんなポイズンアイビーは自然破壊をする人間に対しては容赦がありませんが、それ以外の人間には優しい面を見せる事もあるヴィランです。, ベインは筋骨隆々で見るからにパワー系の悪役でありながら、実は高い知性も持ち合わせているというキャラクターです。合計8つもの言語を使いこなすだけでなく、出会ってからほぼ1年ほどでバットマンの正体が誰であるのかを見破ってしまうという、かなりの強敵と言えるキャラクターです。, ハーレイ・クインは本名を「ハーリーン・フランシス・クインゼル」と言い、同じヴィランのジョーカーの影響を受けて狂気的なキャラクターへと変貌を遂げていきました。元々は心理学者でありましたが、手に負えない様な患者が収監される精神病院で、ジョーカーの担当となった事がヴィランへと堕ちてしまうきっかけとなりました。, 見た目は完全なモンスターですが、マンバットは元々は動物学者でありました。コウモリの能力を身につける為に人体実験を行っていましたが、コウモリ人間になると狂暴化し理性を失ってしまう事となります。後に子を持つ事となりますが、子どもは生まれついてのコウモリの獣人であり、子どもの行方を追う為に夫婦揃って変身する事もあるというキャラクターです。, 見た目がとても異様なキャラクターで、突然変異でワニの様な皮膚を持っている人物です。元々は地下の違法プロレスで小銭稼ぎをしていましたが、その力を活用して用心棒としての活動をしています。しかし遺伝子変化によって獣へと近づいている為に、知能が低下してきてしまっているという点もあるヴィランです。, 黒いガイコツの様な見た目をしたブラックマスクは、元は化粧品会社の社長を務めていました。しかし会社の業績が悪化してしまった事により、ウェイン産業と合併する事となってしまったのです。それに対し逆恨みをしたブラックマスクは、ギャングとなり下がってしまいました。, 数々の悪役に連携を取らせる事で、バットマン達にプレッシャーを与え続ける事に成功した悪役の一人がこのハッシュです。ジョーカーに対してブルースの幼馴染み兼命の恩人であるというエリオット博士の殺害をさせたのもハッシュで、とても残忍で恐ろしい悪役の一人であるという事がわかります。, シリアルキラーの一人であるミスターザーズは、元々は裕福な家庭の生まれでありながらギャンブルによって遺産を全て使い果たしてしまい、シリアルキラーとなってしまいました。人を殺す度に自らの体に傷を付けていくという異常な行動も見られ、顔から体まで無数の傷で埋め尽くされています。, デスストロークは元々は敏腕の傭兵をしており、極秘の軍の実験によって「脳さえ無事であればどれほどの怪我でも回復可能」という、超人的な回復力と身体能力を手に入れる事に成功します。更に戦術的な頭脳や様々な武器の扱いにおいてはバットマンに勝るとも劣らないともされており、とても強力な悪役であると言えそうです。, マッドハッターは「不思議の国のアリス」でお馴染みのキャラクターですが、バットマンに登場するマッドハッターはそんな不思議の国のアリスという物語に対して病的な執着を見せており、自らマッドハッターの様な格好をして大きなシルクハットを被っているというキャラクターです。, レッドフードは元々はジョーカーによって殺害されたジェイソン・トッドであり、ラーズ・アル・グールの所有するラザラス・ピットの力によって蘇る事となりました。ただし元の状態とはいかず精神面に異常をきたした状態となっており、真っ赤なマスクを被りレッドフードとして姿を現す事となりました。, ベントリロクエストは人形であるスカーフェイスと、それを操る腹話術師アーノルド・ウェスカーのコンビの名称です。Bの発音をする事ができない為に、バットマンの事をガットマンと呼んでいます。人形でありながら実権を握っているのはスカーフェイスで、アーノルドは常にスカーフェイスに怯えている状態です。ギャングのボスも務めています。, 元々は犯罪心理学者をしていたヒューゴストレンジですが、バットマンの正体に対して興味を持ち始めます。その正体を解き明かそうとするうちに思考が歪み始め、いつしか自らがバットマンに成り代わろうと考えてしまいます。バットマンの正体がブルースである事を突き止めるなど、頭脳明晰でありながら戦いにおいてもそれなりの力を見せる悪役です。, オウルマンはアース3というパラレルワールドの世界に存在するバットマンです。バットマンでありながら彼はヒーローではなく悪役ですが、これはアース3の世界では善と悪の関係性が逆転している為です。クライムシンジケート・オブ・アメリカでは参謀を務めているだけでなく、組織の頭脳としてその力を発揮している人物です。, こちらもオウルマンと同じくアース3に登場するキャラクターで、現実世界のロビンにあたるキャラクターです。ヒーローに見えてしまうタロンですがオウルマンと同じく、こちらもバットマンの世界とは正反対に悪役であるキャラクターとなっています。, バットマンにも似たコスチュームを身に着けている画像左のキャットマンですが、こちらは猫に関係した犯罪を犯すという少し変わった悪役です。しかし犬には弱いという一面も持っており、猫好きは思わず魅力を感じてしまう悪役の一人かもしれません。, 昆虫の様な外見をしたファイアフライは、空を飛び回る悪役です。火炎放射器を使って街中を焼き尽くそうとするなど残忍なキャラクターでもありますが、大災害を起こそうとした際に自らの火で爆発が起こり、全身の9割に火傷の重傷を負ってしまう事となります。, キラーモスは派手な衣装を身に着けたヴィランですが、とても弱いキャラクターであり、用心棒として働こうとしていたギャング相手にも馬鹿にされていたという過去を持っています。悪魔ネロンとの契約によって蛾の怪物へと変貌を遂げたヴィランです。, こちらはキラーモスが悪魔ネロンと契約をした後の姿で、キラーモスの頃にはまだ人の形を保っていたものの、恐ろしい本物の怪物へと姿を変えてしまいました。獲物である人間を捉えるとまとめて腐食性の繭に包み込み、餌を捕食していく恐ろしいヴィランです。, 元々はテレビゲーム番組の司会を務めていた人物ですが、番組が中止となってしまった事をきっかけに悪の道へと進んでしまったキャラクターです。リドラーにも近い点があり、犯行現場には手掛かりを残してバットマン達との頭脳戦を楽しんでいるヴィランです。, とある不正をしていた大企業の重役であった人物を殺害し、矯正施設へ送られていました。しかし施設を後にしてからもオンライン端末の不正操作によって大金を得ようとしたりしていたヴィランです。けれど完全な悪役というわけでもなく、時にはロビン達と共に戦いに挑む事もあるというキャラクターです。, とある薬の力を使って怪力を手に入れた兄弟の兄ですが、代償として知能を失う事となりました。一度はバットマンに犯罪を阻止されますが、後に政府の特殊部隊である「スーサイド・スクワッド」で怪物のブリムストーンと戦い、命を落としてしまいます。その後弟も兄と同様にブロックバスターとなりますが、弟もまた死亡となってしまいました。, 酷い家庭環境を経て大人になったデッドショットは、成人後に一流の暗殺者として名を馳せる事となります。実は自殺願望を持つキャラクターでもあり、政府の特殊部隊であるスーサイド・スクワッドの任務に参加をした経歴もありました。任務を果たした後には再びフリーの暗殺者として活動をしている人物です。, ギリシャ神話に登場する最高神であるゼウスの生まれ変わりであると信じ込んでいるのがこのマキシー・ゼウスで、ギャングの信奉者を集わせている悪役です。誇大妄想狂であり、ゴッサムシティを魔界にしてしまおうと目論んだ事もありますが、その最中に生贄として殺されてしまいました。, 元々は車椅子に乗った海洋生物学者であり、ゴッサム水族館で働いていたグレースですが、研究の成果によって脊髄を再生させる薬を開発する事に成功します。それによって水中を泳ぎ回る事ができる様になったグレースはオルカと名乗り、貧しい人々を救う為に悪い億万長者を相手に宝石や金目の物を盗むといった行為を働いている人物です。, 名前の通りシマウマの様な白黒の縞模様をしたコスチュームに身を包んだゼブラマンは、見た目のインパクトがかなりある悪役です。とても強い磁力を操る事のできる人物ですが、これまでの不気味な姿をした悪役と比べると少し見た目に癒されてしまうキャラクターかもしれません。, 狂信的なカルト教団の指導者でもあるコブラは、教団の内部においては絶対的な権力を持った恐ろしい人物です。飛行機の墜落によって巨額の身代金を手に入れようとしたり、アメリカの諜報機関の壊滅を目論むなど大事件を次々と起こしますが、最終的には処刑される事となった人物です。, 元々は英国の王立砲兵隊の司令官であり、盲目というハンデを持ちながらもマーシャルアーツの達人でもあるという人物です。ギャング団の「ゴースト・ドラゴン」を率いる人物でもあり、アジアの麻薬組織のボスをしていました。しかし実の息子であるベインによって谷底へと突き落とされてしまう事となります。, 元々は富豪であったものの、仲間割れによって殺害され沼地へと捨てられた人物が、数十年の時を経てゾンビとなって蘇ったのがソロモン・グランディです。ゾンビである為に不死身であり、圧倒的なパワーを持つソロモン・グランディにはスーパーマンすらも倒せず苦戦を強いられる事となりました。, 三人組の強盗団の名称であり、それぞれにキツネとハゲワシとサメのマスクを被っているという特徴を持っています。その正体は強盗団でありながら金に困る事のない富豪で、暇を持て余すあまりにスリルを求めて犯罪を犯している集団でした。, バットマンに登場する悪役の中でも最も頭脳明晰なキャラクターであり、ヴィラン達に対してネットを介して様々な情報を提供しているブローカーです。「シークレット・ソサエティ・オブ・スーパーヴィランズ」の創設メンバーでもあるキャラクターです。, ドクター・ダブル・Xは、悪の科学者であるドクターXとそのドッペルゲンガーであるダブルXを合わせた、二人一組となる悪役の名称です。解離性同一性障害であるトゥーフェイスとはまた異なり、自分でありながらドッペルゲンガーであるという、もう一人の自分と行動を共にしている悪役です。, 他人の持つ怒りを自らの力に変換して戦うという悪役であり、特殊な装置を使い捉えたアウトサイダーズから心の闇を引き出し、自らの力に変えていました。その力は「神さえも狂わせる」と言われており、バットマンの中でもとても強力な悪役である事がわかります。, 大凧のカイトを使い空を飛び回る悪役で、元々はベンジャミン・フランクリンへの憧れから凧揚げを楽しんでいました。しかしその最中に雷を受けてしまう事となり、それがトラウマとなって悪の道に走る事となってしまったキャラクターです。, 5人組の悪党の名称で、ジャスティスリーグと戦う事もある人物達です。メンバーはエース、ジャック、クイーン、キング、テンという5人で、家族と一体のロボットで構成されています。ロボットのエースはとてつもない怪力を持っており、バットマンを追い詰めた事もあるほどでした。, 名前の通り頭脳労働を専門とする悪役で、汚染物質で作られたケモという巨大なモンスターを操って人類征服を企んだ事もありました。しかし手足の無いメカポッドに脳が移植された状態である為に、倒れてしまうと起き上がる事ができないキャラクターでもあります。, バットマンに登場する様々なヴィラン達をまとめてご紹介してきましたが、バットマンに登場するヴィランの中でもまだまだ人気の高い悪役は潜んでいます。続いてはバットマンに登場する悪役の中でも特に人気の高いジョーカーについて、最強のヴィランであるとされている噂は本当なのかについてをご紹介します。ジョーカーとは一体どの様なヴィランなのでしょうか?, バットマンには様々な恐ろしいヴィランが登場しますが、そんな中でも最強に狂気的だと言われているのがこのジョーカーです。本来は1話の時点で死亡する予定であったキャラクターですが、人間なので特筆する超能力などは持っていません。しかし毒物を含むガラス片を上空から降らせて市民を殺害したり、自分の顔の皮を剥ぐよう命じるなど狂気的な姿をあらゆる場面で目にする事のできるキャラクターでもあるのです。, 作品によってジョーカーの設定に違いはありますが、見た目は白塗りの顔に大きく裂けた口、そして緑色の髪をしています。ジョーカーが何故あの様な見た目になったのかは理由があり、工場の化学薬品の溶液の中へと落ちてしまった事で、色素の変化が起こったのだとされています。, ジョーカーにとってバットマンは遊び相手の様な存在であり、残虐な犯罪に手を染めてはバットマンに追われる事を繰り返しています。ジョーカーから見ればバットマンがいるからこそ自分も現れるとしており、映画「ダークナイト」では特にバットマンの正義感を試している印象が強い作品となっています。, 前述のまとめ一覧でもご紹介しましたが、ハーレイ・クインもまたバットマンと同じくジョーカーに深い関わりを持つ人物です。精神病院で収容された患者と担当する精神科医として出会った二人ですが、実は恋愛感情を持っているのはハーレイ・クインの方だけなのです。ジョーカー自身は彼女に鬱陶しさを感じながらも、その存在を利用しているという関係性だったのです。, 言葉ではまとめきれないほど魅力たっぷりのヴィランであるジョーカーですが、実写版のバットマンでそんなジョーカーを更に魅力的に演じた俳優陣についてもまとめてご紹介します。コミックで読んでも面白いバットマンですが、実写に夢中になる人も多い理由の一つには、やはり演じる俳優の狂気的な演技にも惹き付けられるものがあるという事なのではないでしょうか?, 初代ジョーカーを演じていたのは、俳優のシーザー・ロメロです。シーザー・ロメロは60年代のテレビシリーズ版だけではなく、1966年の映画「バットマン」でもジョーカーを演じていました。比較的コメディ寄りであった時代という事もあり、現在目にしている様なジョーカーというキャラクターとはまた違った印象を持つのが、シーザー・ロメロ演じるジョーカーだったのかもしれません。, 2代目ジョーカーを演じていたのは、俳優のジャック・ニコルソンです。ジャック・ニコルソンの演じたジョーカーは現代のジョーカーに近い姿で演じられており、その怪演はまさにジョーカーそのものと呼べるものであった様です。多少コメディ要素も含まれてはいるものの、メイクもシーザー・ロメロの頃よりも不気味さが増しています。, 3代目ジョーカーを演じていたのは、俳優のヒース・レジャーです。時代と共に俳優も変化していくジョーカーですが、歴代ジョーカーの中でも最も高い評価を受けているのがこのヒース・レジャー演じるジョーカーでした。完全なる悪役として描かれたジョーカーは残酷さを見せる場面もあり、ヒース・レジャー自身もアカデミー賞助演男優賞を受賞したものの、映画公開前に急逝する事となってしまいました。, 4代目ジョーカーを演じていたのは、俳優のジャレッド・レトです。狂気的な演技に定評のあるジャレッド・レトですが、ジョーカー役を演じる前には役作りの為に肉体改造をするだけでなく、実際に精神病院に入院している患者へ面会をしに行くなどの徹底ぶりを見せていたそうです。これまでの不気味さとは一転して、どこかイケメンさも垣間見えるジョーカー像を造り出したのもジャレッド・レトです。, そして最新となる5代目ジョーカーを演じるのは、俳優のホアキン・フェニックスです。2019年11月に公開予定となる「JOKER」では、初めて人間らしい姿をしたジョーカーの姿も登場します。バットマンではなくジョーカー自身に焦点を当てた本作は一体どの様な仕上がりとなるのか、ジョーカーは何故ジョーカーとなってしまったのか、バットマンファンであれば絶対に見逃せない作品となっています。, バットマンの中でもとても恐ろしいヴィランであるジョーカーですが、更にジョーカーの恐ろしさを実感する事のできる悪役エピソードも存在しています。続いては思わず目を背けたくなるジョーカーの悪役エピソードをまとめてご紹介します。, 保護観察官の元から逃げ出す事に成功したジョーカーは、ショーの観客を皆殺しにした後にお祭りの場を訪れました。そこにいたボーイスカウトの少年達に対して、ジョーカーは綿あめを配り始めました。しかしその綿あめは毒入りのものであった為に、それを食べた子ども達は全員死亡してしまったのです。恐らく映像化される事は無いと思われる、とても残虐なエピソードです。, バットマンに登場するバットマンの理解者はあまり多くはありませんが、刑事のジェームズ・ゴードンもその一人です。実は彼の2番目の妻のサラはジョーカーの暴動に巻き込まれた事で死亡したものと思われていましたが、実は誘拐したサラの赤ん坊をジョーカーが落とし、それを受け止めようとしたサラの頭をジョーカーが撃ち抜き殺害していたのでした。, 2代目ロビンのジェイソン・トッドは、ジョーカーに攫われた母親を救う為に単身でジョーカーの元へと乗り込んでいきました。しかしジョーカーに殴られ、母親と一緒に爆弾を使って殺されてしまう事となったのです。バットマンの相棒という立場でありながらジョーカーの手によって殺されてしまうロビンのエピソードは、とても残酷であるとして知られています。, バットマンに登場する様々なヴィランについてをご紹介しましたが、実際にバットマンを知る人達はヴィランに対して、どの様な感想や評価を感じているのかも気になるのではないでしょうか?続いてはヴィランという存在についての感想なども、少しだけご紹介します。, バットマンのヴィランなら、総合的にはジョーカーが一番好き。ただ、ネーミングセンスならデッドショット、外見ならブラックマスクが良いセンスしてると思う。デスストリークに関しては、シリアスなデップーというイメージ。, 様々なヴィランが登場するバットマンの中で、ネーミングセンスを基準にするとまた好みのヴィランが変わるといった感想もありました。ペンギンやキャットマンといった可愛らしいネーミングのヴィランも登場しますし、ビジュアルとはまた別にしてみると選びきれない魅力があるのもバットマンのヴィランなのかもしれません。, やっぱバットマンとジョーカーの関係は好きかたや殺せないヒーローとかたや殺されたいヴィラン殺されたいからハチャメチャに頑張る一般人ってもうホントすごいジョーカー大好き, バットマンの宿敵であるジョーカーとの関係性が好きだ、というファンも多い様です。普通の視点で見ればジョーカーというのは恐ろしいヴィランであり、できれば近寄りたくないと感じる狂人かもしれません。しかしその狂った姿を見慣れてしまうと、段々と楽しくなってきてしまう中毒性を持っているのもジョーカーの魅力のなせる業なのかもしれません。, 作品を見る人の視点によっては、こういった見方もできるのが面白い所なのかもしれません。バットマンといえば当然バットマン側の視点で物語を見てしまう人の方が多い筈ですが、ヴィランという存在の魅力に夢中になってしまった人にとっては、ヴィラン側こそが正義と呼べるものなのかもしれません。, とても多くのヴィランが登場するバットマンという作品について、悪役の一覧まとめや人気のヴィランであるジョーカーについてをまとめてご紹介してきましたが、これまでヒーロー側の視点だけで物語を楽しんでいたという人でも、また新たな視点でバットマンという作品を楽しむ事ができる様になったのではないでしょうか?, ヴィランといえば容赦をする必要の無い悪役であると思い込んでしまう人もいるかもしれませんが、それぞれのヴィランに違った生い立ちがありまとめてただの悪い奴だとは言い切れない事もわかります。この機会に改めてバットマンに登場するヴィランを知って、更にバットマンという作品の奥深さを楽しんでみるのもおすすめです。, バットマンのヴィラン一覧!最強・かっこいい人気の悪役をまとめて紹介のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, バットマンの歴代俳優を画像付きで紹介!大人気シリーズバットマンに登場した歴代の俳優たちを画像付きで一気に紹介します。また歴代バットマンが着用したコスチュームについても画像付きで載せていきますので是非ご覧下さい!その他にはバットマンに登場した敵キャラクターのジョーカーを演じた歴代の俳優たちも記載していきますのでこれからバ, 「バットマン」シリーズで、ジョーカーと並ぶ悪役と称されている悪役ペンギンはどんなキャラクターなのかをまとめていきます。ペンギンは1941年に「バットマン」の原作漫画に登場して以来、永続的な敵キャラクターとなりバットマンを苦しめています。しかし他の敵キャラクターとは何かが決定的に違うとされており、謎の多い人気キャラクター, 大人気アメリカンコミック「バットマン」は、DCコミックスにて連載され、同じく有名なアメリカンコミックの代表格「スーパーマン」と並ぶほどのメジャーな作品です。アメリカにてテレビアニメ化もされる人気ですが、実写映画化作品もヒットを記録しており、日本においても人気の作品です。そんなバットマンシリーズには様々な悪役が登場してい, 今回は映画「バットマン・ビギンズ」についてお話します。バットマンと聞いて何を思いつきますか?悪と戦うヒーローを思いつく方が多いでしょう。今回お話しする「バットマン・ビギンズ」は、2005年に上映されたバットマン誕生の秘話に当たる映画です。クリスチャン・ベール演じるバットマン3部作、「ダークナイトトリロジー」の第1作目で, バットマンはアメリカだけでなく世界中で知られるシリーズです。アニメやコミックスだけでなく、実写映画だけでも数多く展開しています。それだけに興味を持ってもどの映画から見ればいいのか分かり辛いですよね。この記事ではバットマンの映画シリーズ一覧と、おすすめの見る順番を紹介します。この記事を見ればバットマンを楽しむきっかけにな, 2012年に公開された「バットマン ダークナイト ライジング」のあらすじ・ネタバレ!なぜバットマンはそうしたのか。衝撃のラストも考察しました。「ダークナイト トリロジー」の完結、ラストまでヒーローであったバットマンを描いた「ダークナイト, 誰もが知っているヒーローである、バットマンとスーパーマンが共演する映画「バットマンVSスーパーマン」。タイトルの通り、VSという事は彼らは対立してしまうのか、その経緯についてご説明します。更には、あらすじをネタバレでご紹介しつつ、どのような結末を迎えるのか、バットマンVSスーパーマンという作品に対しての評価はどのような.