アフォーダンス

認知-認識[状況理解・把握]

モノの材質や状態、とりまく環境との関係性を
客観的に認知する意味や価値

人をはじめとするあらゆる動物が視覚などの五感から得られた、環境やモノの材質・状態など、さまざまな関係情報から「対象との関係性がどのような状態にあるか」という客観的な事実に基づく意味や価値。

アフォーダンスはすべての環境や対象との関係性に潜在しているが、対象者が必要性を感じていなければ、認知できない場合があり、常に変化する。

ちなみに、ドナルド・A・ノーマンが「誰のためのデザイン?」の中で「形や表現などから、直感的に使い方を理解できる」ことをアフォーダンスと紹介しているが、1999年に本人が誤用を認めており、2013年自著「誰のためのデザイン? 増補・改訂版」の中で、本来の意味のアフォーダンス(Real affordance)とは区別して「知覚されたアフォーダンス(Perceived Affordance)と読むべきである」と訂正した。

具体例

  • イスがあれば座れると認知できるが、載って踏み台としても活用できることが予測できるし、子ども用のイスであれば、大人は「座れない」と理解できる
  • 湯気が立つ湯飲みは熱いと言う状態を意味し、陶器か金属かで持てる熱さかを予測できる
  • WEBサイトのキービジュアルを見て、瞬時に自分が欲しい情報かを察知できるし、必要でないとも察知できる

提唱者・発祥エピソード

1979年、アメリカの知覚心理学者ジェームズ・J・ギブソンよって提唱された、「与える、提供する」を意味する英単語「afford(アフォード)」に由来する造語。

参考文献・参考サイト

アフォーダンス
https://kotobank.jp/word/アフォーダンス

コトバンク

アフォーダンス
https://uxdaystokyo.com/articles/glossary/affordance/

UX TIMES

アフォーダンスってなんザンス?
http://www.fladdict.net/blog-jp/archives/2005/06/post_86.php

fladdict.net/blog

アフォーダンス
https://ja.wikipedia.org/wiki/アフォーダンス

ウィキペディア

企業内セミナーや社員のUI/UXスキルアップ講座の開催を
ご検討の企業様からのお問い合わせはこちら

香西 睦

香西 睦

論理的で客観的なデザイン理論と、ユーザーの視点に立った情報デザインは、Webサイトの課題を見極め、わかりやすいインタフェースを実現!

同じテーマのおすすめ記事

おすすめランキング

  1. 1

    認知科学で考える「ローカルナビゲーション」のデザイン表現

  2. 2

    短期記憶に関するミラーの法則(マジカルナンバー)

  3. 3

    現在志向バイアス(現在バイアス)

  4. 4

    ユーザーの「知りたい度」によって変わる、「読み方」と「読む範囲」

  5. 5

    05:ユーザー視点で作る高い説得力を持つUI設計&提案書

  6. 6

    わざわざ入力を面倒くさくしているドロップダウンリスト

  7. 7

    バンドワゴン効果

  8. 8

    シグニファイア(知覚されたアフォーダンス)

  9. 9

    チャンク

  10. 10

    2つの思考モード(二重過程理論)

香西 睦

香西 睦

「だから、そのデザインはダメなんだ。(エムディエヌコーポレーション刊) 」の著者。 論理的で客観的なデザイン理論とユーザー視点の構造設計・情報デザインを用いて、Webサイトの課題を見極め、Webサイトの性能をアップさせる利用者の目線に立ったわかりやすいインタフェースの設計で多くの企業様のお手伝いをしてきました!

UIデザインがよくわかる本

香西睦の執筆デザイン書籍・電子書籍

TOP