チャンク

記憶・分析過程

意味のあるかたまりに整理することで効率的な記憶ができる

ランダムで一貫性のない情報や、単なる数字の羅列など、意味を持たない情報に対する人の記憶力は著しく低下する。人が効率良く、短い時間で同時に情報を記憶するためには「意味を持った」情報として処理することが重要で、共通の意味のかたまりでカテゴライズすることを「チャンク」という。


短期記憶で記憶できる容量となるマジカルナンバー7やマジカルナンバー4で、情報を効率的に覚えるための方法として、次の二つのチャンキングが考えられる。

●チャンクアップ
複数のランダムな情報をまとめてテーマ分類など抽象化して、「共通の意味」で束ねるチャンクの方法
●チャンクダウン
一定の規則や意味のある情報群を細分化して、具体的な詳細情報に具体化するチャンクの方法。

チャンクとは、意味のあるかたまりに整理することで効率的な記憶ができること。

具体例

  • 電話番号やクレジットカード番号、セキュリティ認証コードなど、ランダムな数字の羅列は4個や3個の単位に区切ることで覚えやすい。

  • 複雑な情報や、無関係な情報同士は、関連性や類似性で意味を持つグループに分類したり配列を直すことで覚えやすくなる。

  • WEBサイトのナビゲーションや各種メニューにおいて、テーマごとなどの意味のある塊に分類することで探しやすい。

提唱者・発祥エピソード

1956年プリンストン大学の認知心理学者ジョージ・A・ミラー教授の論文「The Magical number seven, plus or minus two(マジカルナンバー7±2:情報処理の限界)」の中で提唱された。

参考文献・参考サイト

チャンク
https://uxdaystokyo.com/articles/glossary/chunk/

UX TIMES

情報整理が捗る「マジカルナンバー」という考え方。“短期記憶の限界” をビジネスに生かせ!
https://studyhacker.net/columns/tankikioku-chunk

STUDY HACKER

チャンク化による記憶効率の向上
https://analytics-notty.tech/way-to-memory-numbers-using-chunking/

数学の面白いこと・役に立つことをまとめたサイト

マジカルナンバーとは?7や4が重要である理由・人が理解できる情報のかたまりの数
https://lab.kutikomi.com/news/marketing/magicalnumber/

口コミラボ

短期的にも長期的にも記憶力を伸ばすテクニック「チャンキング」
https://www.lifehacker.jp/article/121002chunking/

lifehacker

マジカルナンバー7は記憶の番号 仕事情報は塊で把握
https://style.nikkei.com/article/DGXZZO50584380U9A001C1000000?page=2

Nikkei Stayle キャリア

クライアントを説得できるデザイン理論が身に付く!
UI/UXデザイン講座のご予約はこちら

香西 睦

香西 睦

論理的で客観的なデザイン理論と、ユーザーの視点に立った情報デザインは、Webサイトの課題を見極め、わかりやすいインタフェースを実現!

同じテーマのおすすめ記事

おすすめランキング

  1. 1

    認知科学で考える「ローカルナビゲーション」のデザイン表現

  2. 2

    短期記憶に関するミラーの法則(マジカルナンバー)

  3. 3

    現在志向バイアス(現在バイアス)

  4. 4

    ユーザーの「知りたい度」によって変わる、「読み方」と「読む範囲」

  5. 5

    05:ユーザー視点で作る高い説得力を持つUI設計&提案書

  6. 6

    わざわざ入力を面倒くさくしているドロップダウンリスト

  7. 7

    バンドワゴン効果

  8. 8

    シグニファイア(知覚されたアフォーダンス)

  9. 9

    チャンク

  10. 10

    2つの思考モード(二重過程理論)

香西 睦

香西 睦

「だから、そのデザインはダメなんだ。(エムディエヌコーポレーション刊) 」の著者。 論理的で客観的なデザイン理論とユーザー視点の構造設計・情報デザインを用いて、Webサイトの課題を見極め、Webサイトの性能をアップさせる利用者の目線に立ったわかりやすいインタフェースの設計で多くの企業様のお手伝いをしてきました!

UIデザインがよくわかる本

香西睦の執筆デザイン書籍・電子書籍

TOP