記憶の多重貯蔵モデル

記憶・分析過程

感覚記憶、短期記憶、長期記憶という
3つの記憶段階で保持・保存される記憶のメカニズム。

記憶は、役割や機能の違いにより、大きくわけて3つの段階から構成されており、過程の違いによって、それぞれに最適な貯蔵場所と、保持・保存に必要とされる時間も、数秒〜数十年の長さに違いがある。
結果、人は非常に多くの知識を保持し、それらの知識は日常的に繰り返し活用されている。


五感(視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚)から受けとる外界からの刺激情報を、情報の意味や種類を理解するまでの間、一時的(1秒〜数秒程度)にストックしておく場所を感覚記憶(感覚貯蔵庫)と言い、その中から「選択的に注意」が向けられた必要な情報だけが「短期記憶」に移送される。
短期記憶には、数秒〜約20秒程度保持され、不要なものから上書きされていく。
短期記憶は、単に情報を保管するだけでなく、情報を分析・処理する記憶の中でもっとも機動的に活用される場所となる。
その後、一般的に活用が期待される情報だけが、リハーサルと言われる何度もくり返す記憶と忘却の反復を経て、第三の貯蔵庫である長期記憶(長期貯蔵庫)に刻まれる。

具体例

  1. ゲームのプレイ中に目や耳から得られるプレイ状況が「感覚記憶」、状況の意味を理解し、過去の失敗と比較し対応方法を決定する「短期記憶」、過去の実績やワザの種類などをストックしておく「長期記憶」に当たる。
  2. コンピュータに例えると、「感覚記憶」はキャッシュメモリ、「短期記憶」はRAM、「長期記憶」はハードディスクやSSDなどの記憶メディアの役割に当たる。
  3. サイトのテイストや機能の表層的デザインを「感覚記憶」で受け取り、その意味や使い方を理解・対応するのが「短期記憶」、前回利用状況や同類他社サイトなどのストック情報が「長期記憶」に当たる。

提唱者・発祥エピソード

1968年、記憶の保持時間に着目した、アメリカの心理学者リチャード・アトキンソン教授とリチャード・シフリン学術顧問による「二重貯蔵モデル(dual storage model)またはアトキンソン−シフリン理論(Atkinson-Shiffrin theory)」によって明確化された。

参考文献・参考サイト

感覚記憶とは?意味や種類、短期記憶・長期記憶との関係について具体例とともに解説
https://psycho-psycho.com/sensory-memory/

Psycho Psycho

記憶の多重貯蔵モデル
https://uxdaystokyo.com/articles/glossary/modelofmemory/

UX TIMES

長期記憶・短期記憶のメカニズムを知り、効果的に学習する方法とは?
https://www.katsuiku-academy.org/media/memory/

KATSUIKU ACADEMY

【記憶】三つの記憶貯蔵庫・感覚貯蔵庫・短期記憶・長期貯蔵庫(長期記憶)
https://psychology-effect.com/記憶/三つの記憶貯蔵庫/

心理学の教科書・基礎からの心理学

【記憶の二重貯蔵モデルとは】系列位置曲線などからわかりやすく解説
https://liberal-arts-guide.com/dual-storage-model/

リベラルアーツガイド

認知と記憶のメカニズムを解説!ユーザーを理解するための認知心理学の基礎
https://sevendex.com/post/5619/

SEVEN DEX POST

企業内セミナーや社員のUI/UXスキルアップ講座の開催を
ご検討の企業様からのお問い合わせはこちら

香西 睦

香西 睦

論理的で客観的なデザイン理論と、ユーザーの視点に立った情報デザインは、Webサイトの課題を見極め、わかりやすいインタフェースを実現!

同じテーマのおすすめ記事

人気コンテンツ

  1. 1

    短期記憶に関するミラーの法則(マジカルナンバー)

  2. 2

    非注意性盲目(ミスディレクション)

  3. 3

    シグニファイア(知覚されたアフォーダンス)

  4. 4

    わざわざ入力を面倒くさくしているドロップダウンリスト

  5. 5

    認知科学で考える「ローカルナビゲーション」のデザイン表現

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. シャルパンティエ効果

  2. [11月4日]福岡DAY2セット|直感的で使いやすいUIデザインが作れる!

  3. [11月3日]福岡DAY1セット|直感的でわかりやすいUIデザインが作れる!

  4. 手続き記憶

  5. エピソード記憶

  1. 近接の法則

  2. 類同の法則(類似性の法則)

  3. シグニファイア(知覚されたアフォーダンス)

  4. 画像優位性効果

  5. 選択的注意(カクテルパーティー効果)

  1. あらゆる人に直感的でなければいけない、エラー表示と使えないヘルプ

  2. わざわざ入力を面倒くさくしているドロップダウンリスト

  3. ユーザーの「知りたい度」によって変わる、「読み方」と「読む範囲」

  4. カッコいいだけなのはデザインとは言わない。

  5. UIデザインはデザインではなく統計だ!

香西 睦

香西 睦

「だから、そのデザインはダメなんだ。(エムディエヌコーポレーション刊) 」の著者。 論理的で客観的なデザイン理論とユーザー視点の構造設計・情報デザインを用いて、Webサイトの課題を見極め、Webサイトの性能をアップさせる利用者の目線に立ったわかりやすいインタフェースの設計で多くの企業様のお手伝いをしてきました!

TOP