フォン・レストルフ効果

記憶・分析過程

似たようなものやパターン化された中で、特徴的で際立つ情報は記憶に残りやすい。

人の脳は、できるだけシンプルで簡単に認識できる情報体系を好むため、好き嫌いに関係なく無意識に「目立つもの」を優先的に認識する性質がある。


ちなみに、統一感がない状態や強調させたものばかりが集まっているような場合、それぞれの主張が強すぎることで、認知負荷が高くなるため、短期記憶の限られた容量の中で情報が保持されにくく記憶に残りにくい。

具体例

  • 個性的な商品写真が集まるチラシや、多色仕様のバナーを集めたエリアでは、逆にどれも目立つことなく埋もれる
  • 統一された一覧表のリストで、新着記事や注目記事に、アクセントとなるアイコンやラベルを付ける
  • 通販サイトや申込画面で、コンバージョンに繋がるボタンを膨張色(暖色系)でコントラストを付け

提唱者・発祥エピソード

色やカタチなど他よりも目立つ要素は、好き嫌いに関係なく「人の記憶に残りやすい」ことをドイツの精神科医・小児科医でもある心理学者のドヴィッヒ・フォン・レストルフ氏が発見し、1933年提唱したことから、氏の名前を取って命名された。

参考文献・参考サイト

フォン・レストルフ効果
https://uxdaystokyo.com/articles/glossary/von-restorff-effect/

UX TIMES

Webデザインでも活用できる4つの心理学手法
https://uxmilk.jp/80239

UX MILK

孤立効果(フォン・レストルフ効果)とは?
https://jetb.co.jp/12253

JetB

企業内セミナーや社員のUI/UXスキルアップ講座の開催を
ご検討の企業様からのお問い合わせはこちら

香西 睦

香西 睦

論理的で客観的なデザイン理論と、ユーザーの視点に立った情報デザインは、Webサイトの課題を見極め、わかりやすいインタフェースを実現!

同じテーマのおすすめ記事

おすすめランキング

  1. 1

    短期記憶に関するミラーの法則(マジカルナンバー)

  2. 2

    認知科学で考える「ローカルナビゲーション」のデザイン表現

  3. 3

    2つの思考モード(二重過程理論)

  4. 4

    サイモン効果(刺激反応適合性効果)

  5. 5

    UIデザイン・認知科学講座:04|伝え方を極めるUIデザインと心理テクニック

  6. 6

    ヴェブレン効果(衒示的消費[げんじてきしょうひ])

  7. 7

    02:デザインをランクアップ「認知科学で作るUIデザイン」

  8. 8

    チャンク

  9. 9

    認知科学で考える「リスト(箇条書き)表示」のデザイン表現

  10. 10

    わざわざ入力を面倒くさくしているドロップダウンリスト

香西 睦

香西 睦

「だから、そのデザインはダメなんだ。(エムディエヌコーポレーション刊) 」の著者。 論理的で客観的なデザイン理論とユーザー視点の構造設計・情報デザインを用いて、Webサイトの課題を見極め、Webサイトの性能をアップさせる利用者の目線に立ったわかりやすいインタフェースの設計で多くの企業様のお手伝いをしてきました!

UIデザインがよくわかる本

香西睦の執筆デザイン書籍・電子書籍

TOP