初頭効果(プライマシー効果)

記憶・分析過程

最初に示された情報(第一印象)が、
長期間に渡って評価に影響を持ち続ける。

ものごとや人に対して最初に示された情報が、印象として記憶に残りやすく長期記憶にも引き継がれやすい、社会心理学における心理効果。

「リハーサル」と呼ばれる何度も繰り返し頭に思い浮かべる活動は、最初の方で得られる情報ほど何度も行う余裕があり、覚えやすいため長期記憶に定着しやすい。

ちなみに、この時形成された第一印象が、のちのちまで長期間に渡って受け取り方や評価に大きな影響を持ち続けるため、都合のいいように間違って解釈されてしまう可能性がある。

具体例

  • 最初に逢った時の第一印象が、後々までその人の評価の基準になる。好印象であれば良い人として評価され、悪印象であれば悪い人のレッテルを貼られる

  • 暗記物の勉強をしている時、覚え始めの情報は比較的覚えているが、途中の情報は覚えが悪い

  • ナビゲーションメニューの最初の方は覚えているが、途中のメニューは思い出せない

提唱者・発祥エピソード

1946年にポーランド出身の心理学者ソロモン・E・アッシュ氏が、人の印象形成において、同じ条件で提示する順序を真逆にすることで、まったく異なる印象が形成されることから提唱した。

参考文献・参考サイト

初頭効果と親近効果の違いとは?使い分けてしっかり効果的に伝えよう
https://ferret-plus.com/10239

ferret

初頭効果(プライマシー効果)
https://makitani.net/shimauma/primacy-effect

シマウマ用語集

初頭効果とは|最初に覚えた情報が最も記憶に残りやすいとされる心理効果
https://theory.work/terms-initial-effect/

Theory

企業内セミナーや社員のUI/UXスキルアップ講座の開催を
ご検討の企業様からのお問い合わせはこちら

香西 睦

香西 睦

論理的で客観的なデザイン理論と、ユーザーの視点に立った情報デザインは、Webサイトの課題を見極め、わかりやすいインタフェースを実現!

同じテーマのおすすめ記事

おすすめランキング

  1. 1

    短期記憶に関するミラーの法則(マジカルナンバー)

  2. 2

    認知科学で考える「ローカルナビゲーション」のデザイン表現

  3. 3

    2つの思考モード(二重過程理論)

  4. 4

    サイモン効果(刺激反応適合性効果)

  5. 5

    UIデザイン・認知科学講座:04|伝え方を極めるUIデザインと心理テクニック

  6. 6

    ヴェブレン効果(衒示的消費[げんじてきしょうひ])

  7. 7

    02:デザインをランクアップ「認知科学で作るUIデザイン」

  8. 8

    チャンク

  9. 9

    認知科学で考える「リスト(箇条書き)表示」のデザイン表現

  10. 10

    わざわざ入力を面倒くさくしているドロップダウンリスト

香西 睦

香西 睦

「だから、そのデザインはダメなんだ。(エムディエヌコーポレーション刊) 」の著者。 論理的で客観的なデザイン理論とユーザー視点の構造設計・情報デザインを用いて、Webサイトの課題を見極め、Webサイトの性能をアップさせる利用者の目線に立ったわかりやすいインタフェースの設計で多くの企業様のお手伝いをしてきました!

UIデザインがよくわかる本

香西睦の執筆デザイン書籍・電子書籍

TOP